音楽

レギュラー・グリップを使い続けて

レギュラー・グリップは、ドラムの演奏フォームの1つです。以前、『レギュラー・グリップ』という記事で書いたように、「レギュラー(標準)」という名前に反して特殊なフォームであり、基本的には「ドラム・セットの演奏にはあまり向か
Read More

未来のドラム

〇1台のドラム・セットに2人のドラマー ドゥービー・ブラザーズ、オールマン・ブラザーズ・バンド、スタッフなど、1つのバンドに2人のドラマーが混在する例は過去に例があります。「2人のドラマー」というアイディアは半世紀以上前
Read More

英語以外の可能性

英語は、日本国内において最もポピュラーな外国語です。義務教育課程にも取り入れられていますし、いわゆる「英語禁止ゲーム」という遊びが成立するほど、日常生活になくてはならない言語と言えます。広く浸透しているがゆえに、現代の音
Read More

心のおもむくままに

櫻井は、左脳で動くタイプです。感覚よりは理屈を重んじますし、センスよりもロジカルなものを好んできました。こうなった背景には、心のおもむくままに動いて失敗し続けてきた、不器用な幼少時代が関係あるかもしれません。人一倍優れた
Read More

ジャズ・ミュージシャンへの支援金を集めるには

ジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリンが『Lockdown Blues』という曲を、購入者が値段を決める、いわゆる「投げ銭制」でリリースしました(参考『ジョン・マクラフリン&ザ・フォース・ディメンション 5年ぶりの新曲
Read More

未来のバンドの形

〇アニマルバンド 「メンバーが人間」という既成概念を打ち砕いた構成です。ここ何年もずっと「猫動画」なるものが流行っているくらいですから、バンドメンバーに動物がいてもおかしくありません。コンサートで生演奏を披露するのは絶望
Read More

人生の名曲10選

前回(『自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本』)、前々回(『自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム』)と続いた、「過去を振り返るシリーズ」の最終回です。とあるミュージシャンが「人生の名曲5選」と称して、自分
Read More

自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本

前回の『自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム』同様、「自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本」を連載していたことがあります。もともとは「ブックカバーチャレンジ」という投稿で、一緒に画像を添付するものでした。
Read More

自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム

今年の5月にフェイスブックで流行した「〇日間連続で自分の音楽の好みに大きく影響した〇枚のアルバムを挙げる」という投稿に便乗し、10日かけて「自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム」を連載したことがあります。当時は
Read More

大抵の場合、ドラムはどんな曲でもアレンジ次第で簡単に叩けるようになるので、初めは「よく知っている曲」や「好きな曲」を選べば良いのですが、「なるべくアレンジを加えず、可能な限り原曲通り叩きたい」という場合、「テクニック的に
Read More

ドラムってどこが難しいんですか?

某知恵袋で「ドラムってどこが難しいんですか?」という投稿があったのを見かけました。「どこが」と言うと非難の意味にもとらえられそうですが、純粋に「ドラムという楽器を演奏するにあたって、どういった困難がありますか」という疑問
Read More

吹奏楽部と軽音部の違い

どちらも音楽系の文化部で、学校内でドラムを叩ける部活動です。櫻井はどちらも所属したことがありませんが、生徒様の話を聞く限り、以下の特徴がみられます。 〇吹奏楽部 小学生から高校生まで管楽器を含む大所帯のバンド編成(ビッグ
Read More

ブルースのドラム

ブルースはアメリカ発祥の音楽で、ロック音楽やジャズ音楽の源流となった「ポピュラー音楽の祖」と呼べる音楽ジャンルです。ひとくちにブルースと言っても様々な種類があるのですが、一般的には以下の要素を含んでいる楽曲を指します。
Read More

『Kill the King』レインボー ツインペダルらしい、16分音符の連打が出てくる曲。出てくるのはギターソロの時だけなので左足の移動も少ないですし、比較的やさしいテンポなのでとっつきやすいかと思います。16分音符を
Read More

作曲する時に意識していること

○相手のニーズに応える 作曲する理由のほとんどは「誰かに聞かせるため」です。その対象はファンだったり、依頼主(発注先)だったり、先生だったり、あるいは、自分自身だったりするでしょう。聞かせる相手がいる以上、そこにはニーズ
Read More