音楽

楽器に名前をつける

モデル名や製品番号でない固有の愛称を楽器につけているミュージシャンがいます。B.B.キングの『ルシール』、エリック・クラプトンの『ブラッキー』、エディ・ヴァン・ヘイレンの『フランケンシュタイン』など、その大半がギタリスト
Read More

4月以降の予定

先月のブログに書きましたが、3月末で大手音楽教室を退職することになりました(参考『大手音楽教室を退職します』)。一時は講師業の引退も考えましたが、暖かいお声もいただき、もう少し続けさせていただくことにしました。 まず、個
Read More

ステッカーだらけのストラトキャスター

彼と出会ったのは、櫻井が中学2年生の時でした。春に転入してきた彼とは出席番号(五十音)が近く、たまたま一緒の班になったことで親睦を深めていきました。ユーモアのある人間で、同級生思いで、どうしようもなく不真面目だった彼と櫻
Read More

○aikoと夜行バス あれはたしか、東京から名古屋を経由し、岐阜県の飛騨高山へ向かっていた時でした。学生最後の旅行ということで、櫻井は1人で名古屋行きの夜行バスに乗っていました。隣の席に黒いマフラーで顔を隠した女性が座り
Read More

レッスン前にやっていること

○発声練習 教室のセッティングをしている時に、教会バンドの練習で使われているボイス・トレーニングの音源を流して発声練習をしています。1セット7つのトレーニングを、オクターブ別に2セット行なっています。調べてみると、『コン
Read More

長年勤めてきた大手音楽教室ですが、今年の3月をもって契約満了を言い渡されました。それなりに結果も出していましたし、こちらとしてはもう少し長く関係を続けたかったのですが、雇われの身である以上、会社の意向には従わなければなり
Read More

チャンスをつかむには

チャンスとは、「勝ち目」「可能性」「好機」という意味の英語で、成功をもたらす要因の中でも偶発的なものを指します。たとえば、「オーディションに受かる」や「著名なミュージシャンのバンドに招かれる」など、自身にはコントロールで
Read More

ポエムを詩に変えるには

ポエムとは、文字を用いた芸術作品の一種です。詩とほとんど同義ですが、日本では「自覚のない自己陶酔の文章」を揶揄する時に用いられることがあります。また、詩を書く「詩人」という職業はあるものの、ポエムを書く「ポエマー」という
Read More

なるべく汗をかきたくない

ドラムは両手と両足を使う楽器ですので、疲れやすい楽器と思われがちです。実際は指先、手首、足首といった関節部分をわずかに動かしているだけなので、スポーツ選手のような運動量には至りません。多くの場合、ドラマーが汗をかく原因は
Read More

バンド漫画でありがちなこと

○ボーカリストの声が出なくなる 病気や事故といったケースもありますが、大半は精神的な理由で歌えなくなります。そして、ファンや好きな異性のおかげで回復します。 ○楽器の弾き過ぎで怪我をする 「演奏できないなら死んだ方がマシ
Read More

無料でドラムの教材、配布します。

櫻井はレッスンで自作の教材を使用しています。作り始めた当初は、勤めている楽器店のレベル分けに沿って3冊作るつもりでしたが、結局7冊になりました。それぞれの概要は以下の通りです。 ティモ・ドラム・レッスン①〜入門編〜 各部
Read More

教会で演奏し始めたきっかけ

櫻井はクリスチャンで、日曜日は教会のワーシップ・バンド(賛美隊)で定期的に演奏させてもらっています。「教会で演奏」というと、パイプオルガンを使った荘厳なクラシック調の曲や、たくさんのクワイア(聖歌隊)に囲まれたゴスペル調
Read More

ハードウエアを選ぶ時の基準

ハードウエアは、ドラム・セットに使われる楽器をマウント(セッティング)するために必要な、金属製の支柱やパーツ類のことです。主なハードウエアには、シンバルを支えるシンバル・スタンド、スネアを支えるスネア・スタンド、タムを支
Read More

あなたの得意な勉強法がわかる心理テスト

とある心理士の友人に、こんな心理テストを出されたことがあります。 あなたが「海」で連想するものを、できるだけ細かく書き出してください(図やイラストを使っても構いません)。 しばらく考えてから、続きをどうぞ。 ○3つの記憶
Read More

ロックの6カ条

○楽器を裸のまま放置する ふとんの上に投げ出しておきましょう。 ○ずれたチューニングを気にしない 多少ずれていても誰も聞いていません。 ○ボリュームを10にして演奏する サウンドチェックの時は1にしておきましょう。 ○2
Read More