言語

お疲れさまです

先日、教会の控え室でギターを弾いていたら小学生くらいの子どもたちが入ってきて、櫻井に「お疲れさまです」と言ってきた。出演前だったので「まだ疲れてないですよ」と答えたのだけれど、どうやら単なる挨拶だったようだ。いったいどこ
Read More

「本気を出す」って何?

辞書いわく「本気」とは、「まじめな気持ち、真剣な気持ち」のこと。「本気を出す」は、態度にすれば「まじめに取り組む」という意味になるけれど、言葉にすると「真剣な気持ちを表す」という意味になる。噛み砕いて言えば「まじめアピー
Read More

「すごい」で共感できる?

先日、とある美術展へ行った時のこと。櫻井が作品を見ていると、20代前半の集団が大声で会話しながら近づいてきた。その内の1人が作品を指して「これ、すごくない?」と声を上げる。それは質問になっていない、と聞き耳を立てていると
Read More

音楽にユーモアは必要か

辞書いわくユーモア(humor)とは、「面白いことを言ったり、表現したりする性質や才能」のこと。類語にウィット(wit)、ジョーク(joke)、キディング(kidding)があるが、ウィットは「知的で面白いことを言う能力
Read More

「滑る」「落ちる」で失敗するのか

受験を控えた学生に対して「階段で滑った」とか「ハンカチを落とした」みたいなエピソードを話したり、スケートやスカイダイビングみたいに滑走や落下を暗示させる行動をしたりするのはタブーとされている。禁句、ならびに禁止行為を働い
Read More

渚のベランダじゃあかんの?

久留米が生んだスーパーアイドル、松田聖子の楽曲に「渚のバルコニー」という曲がある。夏になってはしゃいでいるアベック(死語)の歌なのだけれど、その一節に「渚のバルコニーで待ってて」とある。「渚」とは砂浜のことなので、正確に
Read More

スイーツに「甘くない」は褒め言葉か

バラエティ番組で芸能人が、スイーツを食べて「甘くなくて美味しい」とコメントをしていたことがある。妻はそれを見て、「スイーツは甘いからスイーツなのではないか。甘くないとはいかがなものか。なぜ素直に甘いと感想を言えないのか」
Read More

由紀さおりって「由紀」と「さおり」じゃないの?

あるとき、「由紀さおり ソロコンサート」という広告があったので、「これじゃあどっちのソロかわからない」と言ったら、一緒にいた友人から「何を言っているんだ」と指摘されてしまった。「じゃあ一緒にシャバダバしている人は由紀でも
Read More

楽曲に沈む

「浸る」ほど浅くなく、「溺れる」ほど深くない場所で漂い、揺らぎ、落ちていく。「熱中する」に近いけれど、興奮しているわけではない。むしろ、指先の感覚がなくなるほど冷え切っている。身体の力を抜き、潮の流れに身を任せ、染まって
Read More

部屋とYシャツと私は磨くものなのだろうか

古いラブ・ソングである。おそらく新婚であろう妻が夫である男性に向けた歌詞で、「部屋」「Yシャツ」「私(妻自身)」を磨いていたい、という願望を歌ったものだ。つまり、実際に磨いているわけではない。読み進めていくと「部屋とYシ
Read More