教育

ミュージシャンの進路

「ミュージシャン」という職業は、基本的に「個人事業主」という形態で成り立っています。音楽事務所でも音楽教室でも、「雇用」ではなく「業務委託」という契約を結ぶのがほとんどです。端的に言うと、会社員として就職するのではなく、 …

ミュージシャンの進路 もっと読む »

もしも青春時代がコロナ禍にあったら

この記事は7月の初旬、東京に4度目の緊急事態宣言が出された時に書いています。大阪もいわゆる「まん防」が延長し、多くのイベントが中止となっています。これらの宣言は8月22日に解除予定となっていますが、おそらく、この記事がア …

もしも青春時代がコロナ禍にあったら もっと読む »

裸のドラマーが多いのはなぜか

裸といっても上半身限定で、下半身の衣服を脱ぐことはまずありえません。おそらく、法律に触れるでしょうし、そもそも需要があると思えません。需要については上半身も同じだと思うのですが、なぜか服を脱ぐドラマーが後を絶ちません。 …

裸のドラマーが多いのはなぜか もっと読む »

レッド・ツェッペリンから学ぶ、耳コピのメリットとデメリット

生徒様とレッド・ツェッペリンの話になって、「ツェッペリンの『Rock and Roll』のイントロ(のドラム)は8分音符のウラから始まるんですよね」と訊かれました。「え、そうなの?」と早速確認してみると、確かにウラから始 …

レッド・ツェッペリンから学ぶ、耳コピのメリットとデメリット もっと読む »

表現力とは

前回の記事『本当に上手いボーカリスト』で、「上手いと評されるボーカリストには表現力がある」という話をしました。「表現力」という言葉は、「思いや感情を動きや音によって表すこと」という意味の「表現」に、「力」を加えて名詞化し …

表現力とは もっと読む »

本当に上手いボーカリスト

「プロが選ぶ、本当に上手いボーカリストランキング」みたいな動画を見た友人が、「何を基準に『上手い』を決めているの?」という風なことを訊ねてきました。至極まっとうな疑問です。「上手い」は感覚的なものなので、どのように数値化 …

本当に上手いボーカリスト もっと読む »

ギターよりもアンプ

日頃からYouTubeでいろんなギターの動画を見ています。聞き比べて「このギターはこういう音がするのだな」と知った上で実際に弾いてみると、たいてい「動画と全然ちゃうやん」という印象を抱きます。はじめは「僕のテクニックが不 …

ギターよりもアンプ もっと読む »

食事制限に学ぶ、楽器演奏を上達させる秘訣

僕の食事は、パンや米などの炭水化物が大半を占めていました。手間がかからない上に安上がり、これほど素晴らしいことはないと思っていたのですが、妻いわく「炭水化物ばかり食べていると、歳をとってから病気して医療費が高くつく」だそ …

食事制限に学ぶ、楽器演奏を上達させる秘訣 もっと読む »

子どもに好かれる音楽とは

教会での演奏は、日曜日の昼間で家族連れが多いこともあり、小学校の低学年と思しき方が多くいらっしゃいます。彼らを見ていて思うのは「実に素直な反応をする」ということです。いかに演者が盛り上がっていようと、興味がなければそっぽ …

子どもに好かれる音楽とは もっと読む »

『スーパーマリオブラザーズ』に学ぶ、ドラム・レッスンの段取り

ゲーム会社、任天堂のヒット作品である「マリオシリーズ」の中で、社会現象まで引き起こした『スーパーマリオブラザーズ』というゲームソフトがあります。80年代後期から90年代を「ゲームの年」にした最大の功労者であり、TVゲーム …

『スーパーマリオブラザーズ』に学ぶ、ドラム・レッスンの段取り もっと読む »

良い先生の見分け方

以前、YouTubeの急上昇ランキングで「こんな先生に習ってはいけない!」と書かれたサムネイルを見つけました。なるほど、目を引くトピックです。そのまま流用しようと思ったのですが、せっかくなのでベクトルを変え、「こんな先生 …

良い先生の見分け方 もっと読む »

夏の音楽と夏のドラム

今日は立夏(りっか)ということで、暦の上では夏が始まります。立春(2月4日ごろ)が「いやいや、まだ寒いよ」と突っ込まれるのに対し、5月5日ごろが夏の始まりと言われても違和感がありません。過去の大阪の天気を見てみると、5月 …

夏の音楽と夏のドラム もっと読む »

演奏に集中できない時

某知恵袋で「絵はじっくり描けるから集中できるけれど、楽器演奏のような動きのあるものには集中できない」という投稿を目にしました。音楽は「時間芸術」という特質があり、止まった状態がありません。かの有名な『4分33秒』ですらテ …

演奏に集中できない時 もっと読む »

『紅蓮華』は「紅」「蓮華」? 「紅蓮」「華」?

『鬼滅の刃』のヒットを受け、(リリースは2019年ですが)2020年を代表する曲となった『紅蓮華』という楽曲があります。読みは「ぐれんげ」で、この楽曲の作詞者であり歌手のLiSAの造語かと思いきや、辞書にも載っている単語 …

『紅蓮華』は「紅」「蓮華」? 「紅蓮」「華」? もっと読む »

ダンスとドラムの関係

ドラムは楽器の中でも特に運動要素が高い、という話を何度か記事にしてきました。その中で「どちらかと言えばダンスに近い」という発言もしています(参考『リズムだけで音楽は成立するのか』)。では、ドラムが上手くなるとダンスも上手 …

ダンスとドラムの関係 もっと読む »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。