教育

DWのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第7回は『Drum Workshop』(以下、DW)です。 DWは「ワークショップ」の名の通り、元はドラムの講習会やレッスンを開くスタジオを運営していたメーカーです。 …

DWのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

Gretschのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第6回は『Gretsch』(以下、グレッチ)です。 グレッチはギターのメーカーとしても有名で、1883年の創業当時からドラムを販売していた老舗中の老舗です。前回紹介し …

Gretschのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

Ludwigのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第5回は『Ludwig』(以下、ラディック)、海外メーカー編へ突入です。 ラディックはアメリカのドラムメーカーの老舗で、特に60~70年代のバンド音楽に多大な影響を与 …

Ludwigのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

CANOPUSのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第4回は『CANOPUS』(以下、カノウプス)です。 カノウプスは、ここ20年ほどで急成長し、国内三大ドラムメーカーと肩を並べるほど人気を博している日本のブランドです …

CANOPUSのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

Pearlのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第3回は『Pearl』(以下、パール)です。 パールは、これまで紹介してきたYAMAHAとTAMAと並んで「国内三大ドラムメーカー」と呼ばれるほど著名なブランドです。 …

Pearlのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

TAMAのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第2回は『TAMA』(以下、タマ)です。 タマは、星野楽器という愛知県の会社が展開するドラム、パーカッションのブランドです。星野楽器は『アイバニーズ』というギターのブ …

TAMAのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

YAMAHAのドラム【ドラムメーカーあれこれ】

有名ドラムメーカーの特徴を櫻井の所感で紹介いたします。第1回は『YAMAHA』(以下、ヤマハ)です。 ヤマハは日本最大手の楽器メーカーで、中でもドラムはピアノと並ぶくらい、世界中で愛されている楽器の1つです。日本のドラム …

YAMAHAのドラム【ドラムメーカーあれこれ】 もっと読む »

外見は他人が決める

「がいけん」あるいは「そとみ」と読むこの言葉は、「外から見た様子、見かけ」といった意味があります。普通は生物に用いられ、多くの場合、人間が対象です。この場合の「外」とは「その対象以外の、広い範囲」のことを指し、端的に言え …

外見は他人が決める もっと読む »

推しに会えるのが羨ましい

「推し」という言葉が浸透してきました。「推す」という動詞を名詞にしたもので、「推薦」の「推」と同じ字であることからわかるように、対象(多くの場合、人)の能力を高く評価する様、あるいは、対象を第三者へ好意的に紹介する様を表 …

推しに会えるのが羨ましい もっと読む »

マルチなクリエイターが増えてきたが、ドラマーを兼ねるミュージシャンは少ない

以前『ジェネラリストの時代』という記事でも取り上げましたが、最近の音楽業界は、1つのことに特化した「スペシャリスト」よりも、複数のことができる「ジェネラリスト」の方が目立つ傾向にあります。作詞作曲ができるシンガーソングラ …

マルチなクリエイターが増えてきたが、ドラマーを兼ねるミュージシャンは少ない もっと読む »

叩いてみた動画の作り方

櫻井の場合、以下のような手順で動画を作っています。 1. 音源A(ドラムなし)を制作する2. 音源Aを聞きながら演奏した様子を動画に収める3. 撮影と並行してドラムの演奏を録音する4. 録音したドラムの演奏を音源Aと合わ …

叩いてみた動画の作り方 もっと読む »

過ぎたるはなお及ばざるが如し

かつて通っていた音楽専門学校のスタジオ内に「どれだけ長く練習するかより、どれだけ集中して練習するかが重要だ」という風な張り紙がしてありました。練習の定義が曖昧だったため、鵜呑みにはできませんが、仮にこの言葉が真だとすれば …

過ぎたるはなお及ばざるが如し もっと読む »

レギュラー・グリップを使い続けて

レギュラー・グリップは、ドラムの演奏フォームの1つです。以前、『レギュラー・グリップ』という記事で書いたように、「レギュラー(標準)」という名前に反して特殊なフォームであり、基本的には「ドラム・セットの演奏にはあまり向か …

レギュラー・グリップを使い続けて もっと読む »

未来のドラム

〇1台のドラム・セットに2人のドラマー ドゥービー・ブラザーズ、オールマン・ブラザーズ・バンド、スタッフなど、1つのバンドに2人のドラマーが混在する例は過去に例があります。「2人のドラマー」というアイディアは半世紀以上前 …

未来のドラム もっと読む »

英語以外の可能性

英語は、日本国内において最もポピュラーな外国語です。義務教育課程にも取り入れられていますし、いわゆる「英語禁止ゲーム」という遊びが成立するほど、日常生活になくてはならない言語と言えます。広く浸透しているがゆえに、現代の音 …

英語以外の可能性 もっと読む »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。