ギター

自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム

今年の5月にフェイスブックで流行した「〇日間連続で自分の音楽の好みに大きく影響した〇枚のアルバムを挙げる」という投稿に便乗し、10日かけて「自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム」を連載したことがあります。当時は
Read More

レコーディングの耳

バンドでも、シンガーソングライターでも、アイドルでも、音楽を商品として売る方法は「生演奏(いわゆるライブ)」を除けば「レコーディング(録音)」しかありません。かつてはレコードやCDといった媒体に録音したものが販売されてい
Read More

楽器に名前をつける

モデル名や製品番号でない固有の愛称を楽器につけているミュージシャンがいます。B.B.キングの『ルシール』、エリック・クラプトンの『ブラッキー』、エディ・ヴァン・ヘイレンの『フランケンシュタイン』など、その大半がギタリスト
Read More

ステッカーだらけのストラトキャスター

彼と出会ったのは、櫻井が中学2年生の時でした。春に転入してきた彼とは出席番号(五十音)が近く、たまたま一緒の班になったことで親睦を深めていきました。ユーモアのある人間で、同級生思いで、どうしようもなく不真面目だった彼と櫻
Read More

教会で演奏し始めたきっかけ

櫻井はクリスチャンで、日曜日は教会のワーシップ・バンド(賛美隊)で定期的に演奏させてもらっています。「教会で演奏」というと、パイプオルガンを使った荘厳なクラシック調の曲や、たくさんのクワイア(聖歌隊)に囲まれたゴスペル調
Read More

練習時間の確保

練習は、すれば良いというものではありません。しかし、楽器に触れない限り上達はありえないため、定期的に楽器を弾く機会、時間、習慣などは、あるに越したことはないでしょう。1日5分の練習は、月に換算すると2時間半の練習になりま
Read More

我が心の3大ギタリスト

いつぞやのギターマガジンの表紙に書いてあった企画です。著名なギタリストに「好きなギタリストを3人挙げてくれ」とインタビューしているのでしょう。中身は読んでいませんが、一番多いのは通称「ギターの神様」、ジミ・ヘンドリックス
Read More

楽器店巡り

櫻井はあまり楽器店へ行きません。仕事場が楽器店付属の音楽教室なので、一応行くには行っているのですが、店内を歩き回ることはほとんどありません。そもそもスタジオ内で完了する仕事ですし、スタッフの邪魔にもなるでしょう。たまにピ
Read More

雑記NOVA SYSTEM

NOVA SYSTEM(ノヴァ・システム)とは、tc electronic社のマルチエフェクターのこと。マルチエフェクターなのにアナログの歪みを搭載した珍しいモデルです。何度かマイナー・チェンジを行なっており、モデルによ
Read More

テンポキープのコツ

「テンポキープ」、あるいは「タイムキープ」とは、一定の拍を保持した状態で楽器を演奏する技術、能力のこと。このテクニックがないと、フレーズによってハシったりモタったり(速くなったり遅くなったり)してしまうため、まとまりのあ
Read More

腱鞘炎の恐怖

以前『ミュージシャンが陥りやすい5つの病』という記事の冒頭でも取り上げましたが、腱鞘炎とは指や手首、ひじを動かす際に鋭い痛みを覚える疾患で、ミュージシャンが最も陥りやすい職業病です。特に弦楽器奏者は、弦を押さえ続けたり、
Read More

ミュージシャンの性格

ギタリストは「根暗」です。ミュージシャンの中でも特に社交性がなく、内気で受け身な性格をしています(櫻井がいい例です)。そのくせ、ステージに立つと「俺を見ろお!」と言わんばかりにボリュームを上げて動き回ります。演奏が格好良
Read More

共演してみたいアーティスト

かの有名なギタリスト、ラリー・カールトンがインタビューで「1度でいいから、マッコイ・タイナーと共演したい」とおっしゃっていました。「マッコイと一緒に演奏すれば、何か見えてくる気がする」だそうです。どうやらラリーはジョン・
Read More

ギターのポッドを交換した話

先日、エレキギターの演奏中にフロント側のトーン・ノブが抜け落ちてしまう事態に見舞われました。長年使ってきた楽器なので、不具合が出てもおかしくないです。 抜け落ちる原因がノブ側かポッド側かよくわからなかったため、ネットで調
Read More

キャリーで運ぶもの、運ばないもの

「キャリーを使って楽器を運ぶと楽器が壊れやすくなる」という意見があります。地面の起伏や段差によって生じた衝撃が楽器に伝って悪影響をもたらす、という考え方です。海外ならまだしも、日本の歩道はきちんと舗装されていますし、そこ
Read More