プリング・オフに学ぶ、悲観的投影

Pocket

「プリング・オフ」はギター奏法の一種で、左手の指で弦を弾いて音を出すテクニックである。似たようなテクニックに「ハンマリング・オン」があるけれど、指で叩いて音を出すハンマリング・オンに対し、プリング・オフは指で弦を引っ張って音を出す。どちらも速いパッセージを弾くために必須のスキルだ。ドラム奏法でいうと、ダブル・ストロークに相当するテクニックと言える。

キリスト教会の賛美隊に入ってからはコード・バッキングだけでなく、リードをとる機会が増えた。大変楽しませてもらっているのだけれど、ある楽曲のリフとギター・ソロでプリング・オフが出てきてしまった。というのも、櫻井はプリング・オフが苦手なのだ。ハンマリング・オンは打楽器的な要素があるせいか、そこまで苦にならないのだけれど、プリング・オフは指が痛くて長続きしないのである。

初めてギターを触った時も左手が痛くて、特にFコードやBコードのようなバレーコードで指を痛めていた(参考『楽器の壁』)。痛みがあるのは無理なフォームで演奏していたり、無駄な力が入っていたりしている証拠だ。ようするに、下手の象徴である。

こういった未熟さを楽しめる人もいるけれど、櫻井は怒りでストレスを感じてしまう。さらに、その怒りを他人に投影し、「周囲から『櫻井は下手だ』という評価を受けている」と思い込む節がある。多くの場合、他人は自分のこと以外に興味がない。櫻井の悲観は大部分が誇張されたもので、幻想だ。自覚している分まだ救いがあるけれど、半分くらい病気なのでは、と思う。

しかし、この怒りによって成長したところもある。怒り、悲しみ、情けなくなって、櫻井は神様に救いを求めた。吐き気をもよおす憤りは、櫻井を信仰にフォーカスさせる。

ドラムで大抵の演奏はできるようになった。「講師の夢も叶えたし、これ以上は上手くならなくてもいいかな」という生ぬるい考えがよぎる時もある。プリング・オフは、そんな櫻井に野生を思い出させてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA