言語

注文の多い料理店はメニューが豊富なわけではない

『注文の多い料理店』という著名な作品がありますが、櫻井は読んだことがありません。宮沢賢治の作品で、山猫軒だったか山猫亭だったか、そんな感じの名前のレストラン(料理店?)が出てくることは知っているのですが、つい最近、友人に
Read More

英語以外の可能性

英語は、日本国内において最もポピュラーな外国語です。義務教育課程にも取り入れられていますし、いわゆる「英語禁止ゲーム」という遊びが成立するほど、日常生活になくてはならない言語と言えます。広く浸透しているがゆえに、現代の音
Read More

自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本

前回の『自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム』同様、「自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本」を連載していたことがあります。もともとは「ブックカバーチャレンジ」という投稿で、一緒に画像を添付するものでした。
Read More

屯

「駐屯地」の「とん」の一文字で「たむろ」と読みます。「屯する」という言葉があるように、人が集まって群れを成している様子を表した言葉です。冒頭の「駐屯地」は、軍や自衛隊がたむろしている場所、と言うわけです。「中高生が屯する
Read More

楽器に名前をつける

モデル名や製品番号でない固有の愛称を楽器につけているミュージシャンがいます。B.B.キングの『ルシール』、エリック・クラプトンの『ブラッキー』、エディ・ヴァン・ヘイレンの『フランケンシュタイン』など、その大半がギタリスト
Read More

チャンスをつかむには

チャンスとは、「勝ち目」「可能性」「好機」という意味の英語で、成功をもたらす要因の中でも偶発的なものを指します。たとえば、「オーディションに受かる」や「著名なミュージシャンのバンドに招かれる」など、自身にはコントロールで
Read More

ポエムを詩に変えるには

ポエムとは、文字を用いた芸術作品の一種です。詩とほとんど同義ですが、日本では「自覚のない自己陶酔の文章」を揶揄する時に用いられることがあります。また、詩を書く「詩人」という職業はあるものの、ポエムを書く「ポエマー」という
Read More

書き続けるためには

高校1年生のころ、バンドを組んでホームページを作り、人を集めるために始めたのが「日記」というコンテンツでした。「ネット上に文章を載せる」という経験は、これが初めてだったと思います(参考『ブログを書き続ける理由』)。サイト
Read More

だんじりって何?

櫻井が知る限り、大阪府の祭りの一種です。そのほかの情報は皆無で、どういったセレモニーであるか見当がつきません。そもそも「だんじり」というタームが何を意味しているか不明です。居酒屋においてそうだな、という印象しか残りません
Read More

太陽みたいな人

その人の人柄や性格を、銀河系の天体になぞらえた比喩表現の1つ。「あたたかい人」「明るい人」の類義語として扱われますが、太陽は表面温度だけで摂氏約6,000度ですし、太陽光度は100W電球の約4じょ(垓の次の単位。禾へんに
Read More

英語ができないと海外大学を卒業できないかもしれない

以前、櫻井の実体験を元に「英語ができなくても海外大学を卒業できる」という内容のブログを書いたことがあります(参考『英語ができなくても海外大学を卒業する方法』)。英語圏の音楽大学だったが留年することなく、(3年次に編入した
Read More

魚へんに花

小学生の生徒様に「ティモさんの好きな魚を教えて」と訊かれ、普通に答えるのも面白くないのでホワイト・ボードに漢字1文字で「魚へんに花」と書きました。スーパーに売っているメジャーな魚なので、知っているかも、と思ったのですが、
Read More

憎まれっ子は世にはばかるのか

「憎まれっ子世にはばかる」という言葉があります。「人の恨みを買うような人間が出世する」という少々ひねくれた言葉です。これを「世の中は理不尽だ」みたく否定の意味でこの言葉を使う人もいますが、「周りの反感を買うほどに意思を貫
Read More

童話『桃太郎』のさわりとは

童話『桃太郎』のさわりの部分はどこかと訊かれて、「おじいさんは山へ柴刈に、おばあさんは川へ洗濯に」や「どんぶらこと桃が流れてきた」というシーンを思い浮かべる人もいるかもしれません。この「さわり」という言葉は、「ストーリー
Read More

困った時の神頼み

正確には「苦しい時の神頼み」です。「窮地に立たされている人が、信仰する神に助けを求めている様子」を表しているように思えますが、実際は「普段は信心していない人が、災難にあっている時だけ神頼みしている身勝手な様子」を表した言
Read More