言語

書き続けるためには

高校1年生のころ、バンドを組んでホームページを作り、人を集めるために始めたのが「日記」というコンテンツだった。「ネット上に文章を載せる」という経験は、これが初めてだったと思う(参考『ブログを書き続ける理由』)。サイトを転
Read More

だんじりって何?

櫻井が知る限り、大阪府の祭りの一種である。そのほかの情報は皆無で、どういったセレモニーであるか見当がつかない。そもそも「だんじり」というタームが何を意味しているか不明だ。居酒屋においてそうだな、という印象しか残らない。
Read More

太陽みたいな人

その人の人柄や性格を、銀河系の天体になぞらえた比喩表現の1つ。「あたたかい人」「明るい人」の類義語として扱われるが、太陽は表面温度だけで摂氏約6,000度であるし、太陽光度は100W電球の約4じょ(垓の次の単位。禾へんに
Read More

英語ができないと海外大学を卒業できないかもしれない

以前、櫻井の実体験を元に「英語ができなくても海外大学を卒業できる」という内容のブログを書いたことがある(参考『英語ができなくても海外大学を卒業する方法』)。英語圏の音楽大学だったが留年することなく、(3年次に編入したので
Read More

魚へんに花

小学生の生徒様に「ティモさんの好きな魚を教えて」と訊かれ、普通に答えるのも面白くないのでホワイト・ボードに漢字1文字で「魚へんに花」と書いた。スーパーに売っているメジャーな魚なので、知っているかも、と思ったのだけれど、「
Read More

「諦めていた恋にもう一度挑戦しませんか?」みたいな広告があった

駅のポスターをちらっと見ただけなので、詳しい内容まではわからないけれど、結婚相談所の広告であると思われる。「諦めていた夢」ならよく聞くけれど、「諦めていた恋」とは、どういうことだろう。 相談者が高齢で、「もう恋なんてする
Read More

憎まれっ子は世にはばかるのか

「憎まれっ子世にはばかる」という言葉がある。「人の恨みを買うような人間が出世する」という少々ひねくれた言葉だ。これを「世の中は理不尽だ」みたく否定の意味でこの言葉を使う人もいるけれど、「周りの反感を買うほどに意思を貫いた
Read More

童話「桃太郎」のさわりとは

童話「桃太郎」のさわりの部分はどこかと訊かれて、「おじいさんは山へ柴刈に、おばあさんは川へ洗濯に」や「どんぶらこと桃が流れてきた」というシーンを思い浮かべる人もいるかもしれない。この「さわり」という言葉は、「ストーリーの
Read More

困った時の神頼み

正確には「苦しい時の神頼み」である。「窮地に立たされている人が、信仰する神に助けを求めている様子」を表しているように思えるけれど、実際は「普段は信心していない人が、災難にあっている時だけ神頼みしている身勝手な様子」を表し
Read More

名前を覚えれば知識になるのか

櫻井夫婦はクイズ番組を一緒に見ることが多い(参考『5コマ漫画「クイズ番組」』)。妻は大変に聡明な方で、大半の問題は彼女が答えているのだけれど、強いて挙げるなら「歴史」が苦手だそうだ。理由を訊ねると「人名が覚えられない」ら
Read More