音楽にユーモアは必要か

Pocket

辞書いわくユーモア(humor)とは、「面白いことを言ったり、表現したりする性質や才能」のこと。類語にウィット(wit)、ジョーク(joke)、キディング(kidding)があるが、ウィットは「知的で面白いことを言う能力」、ジョークは「人を笑わせる話やいたずら」、キディングは「事実でないことを冗談めかして言うこと」と、ニュアンスが微妙に異なる。

音楽におけるユーモアとは一体何か。日本語の「面白い」には「興味深い」という意味もあるけれど、この場合の面白いは「おかしい」「滑稽な」「奇妙な」といったファニー(funny)の意である。つまり、「音楽にファニーの要素は必要か」というのが今回の命題だ。

ファニーな音楽で真っ先に連想するのが、歌詞やパフォーマンスで聴衆を笑わせる「コミック・バンド」の存在である。白塗りで「地獄からやってきた悪魔だ!」と言ってのけたり、ヘヴィなサウンドで「みかん!」と連呼したり、バンドなのにメンバー全員が楽器を弾けなかったりするなどするわけだ。

音楽ファンの中には、これらのユーモアを受け入れられない人もいる。「音楽で遊ぶな」という理屈だ。音楽自体が既にホビーで遊びの一種だと思うのだけれど、「混ぜるな」ということだろうか。逆に、コミック・バンドが真面目な曲を披露すると「中途半端だ」と言う人もいる。これも「混ぜるな」ということだろうか。

音楽にはコミック・バンドのような滑稽さが必要かと問われると、「そうとは限らない」と答えざるを得ない。しかし、ある程度の「奇妙さ」は必要だと思う。不思議、風変わり、珍しさなどのとっかかりがないと、心に残らない、平凡な音楽になってしまうだろう。平凡が悪い、という意味ではない。ただ、クリエイターであるなら残るものを作りたいと思うのが自然ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA