レコーディングの耳

バンドでも、シンガーソングライターでも、アイドルでも、音楽を商品として売る方法は「生演奏(いわゆるライブ)」を除けば「レコーディング(録音)」しかありません。かつてはレコードやCDといった媒体に録音したものが販売されていましたが、近年は動画やサブスクリプションといったインターネットを介したサービスが頻繁に用いられています。いずれにせよ、ミュージシャンにとってレコーディングは避けて通れない道なのです。

最近、ひょんなことからギタリストとして初めてレコーディングしました。普段から教会で演奏(ライブ)していますし、ドラマーとしてレコーディングした経験はあるので、まあなんとかなるだろうと思っていたのですが、いざやってみるとリテイク(録り直し)の連続でした。ライブでは気にならないノイズが、レコーディングだとこれでもかと言わんばかりに主張するのです。「格好良く演奏しょう」なんて余裕はなくて、「とにかくミスしないよう弾かなければ」という意識するだけで手一杯でした。

レコーディングの直後はまだ「レコーディングの耳」が残っていて、今まで聞こえてこなかったいろんな音が聞こえるようになりました。ヘッドホンを買い換えたように、楽曲がクリアに聞こえるのです。こういった刺激は久しぶりなので、苦労した甲斐がありました。こういうのを「苦労は買ってでもせよ」と言うのでしょう。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。