ゲームは脳に良い影響を与えるのか

Pocket

ゲームが脳にどのような影響をもたらすか語っている動画があった。この手の話題は「ゲームは悪影響を及ぼす」という「ゲーム否定派」の意見が中心になりがちだけれど、櫻井が見たのは「ゲームをするとこのような利点がある」という「ゲーム肯定派」のプレゼンテーションだった。

その中でも気になったのは「ゲームは集中力を生む」という内容だった。霧がかって見通しが悪い場所でも、FPS(1人称視点のシューティング・ゲーム)を経験している人は集中して運転できる、というようなことを言っていた。また、危険予知能力にも優れているため事故率も低い、というデータもあるそうだ。

たしかに、集中力は養われるかもしれない。櫻井は人並みに集中力があると思っているけれど、これは幼少からずっとゲームばかりしてきたせいかもしれない。車の運転に集中力が必要なのは言わずもがなだろう。今夜の献立を考えながら散漫に運転していては、事故になる確率が高くなる。

ところが、櫻井は車の運転が下手である(参考『右折ウィンカーを出しつつ左折』)。FPSもレースゲームも経験しているけれど、いざハンドルを握ると「うっかり」が多い。理由は明白で、集中力だけで車は運転できないからだ。それに、ゲームで培われた集中力はゲームでしか役に立たない。車の運転で集中力を高めるには、車を運転する以外にない。

同じことが演奏にも言える。ゲームの集中力は演奏のそれとは別物である。また、練習と本番も違う。練習でいくら集中できたとしても、本番で集中できるとは限らない。本番の集中力は、本番で鍛える以外にない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA