鬼は外にいなければならないのか

Pocket

節分で行われる豆まきの決まり文句と言えば「鬼は外、福は内」である。この場合の「鬼」とは厄災や病気といった負の象徴であり、「福」は幸福のことだ。「不幸ゼロ、良いことだけ起これ」という何とも自分本位な人間らしい考え方と言える。「さすがに欲張りすぎだろう」と思ったのか、地域や神社によっては「福は内」だけだったり、「福は内、鬼も内」と言っていたりする。それはそれで欲張りなのではないか。

「鬼は外」の「外」とは、「自宅の外」のことである。仮に全世帯が「鬼は外」と豆まきをした場合、鬼は屋外に留まらなければならなくなる。駐車場とか、公園のベンチとか、橋の下とかに密集するのではないか。企業が豆まきをすることなんて滅多にないだろうから、職場は鬼の棲家と化すだろう。そうなったらおちおち外も出歩けない。買い物は全部アマゾンで済ませるし、自宅で撮った動画を配信して広告料で暮らしていくしかなくなる。はたしてそれが「福」と呼べるだろうか。

そもそも、たかが1年に1度大豆をまいたところで鬼が寄らなくなるかどうか怪しい。そんな効力があるなら大豆農家は豆まきする必要がないし、千葉県には1人も鬼がいないことになる(参考『千葉』)。それに、鬼が人間の家に入ろうとしているかどうかも不確定だ。ひょっとして、大豆業者が豆を売るために広めたデマなのではないか。

そういえば子どものころ、おじいさんが「鬼は内、福は外」と間違って豆まきをしてしまい、鬼と朝までダンス・パーティをする昔話を読んだことがある。「泣いた赤鬼」なんかもそうだけれど、「鬼だからと言って邪見に扱うのは良くない」という傾向が年を追うごとに強まってきているように思える。そのうち「福は敵だ! 追放しろ!」と逆転するのではないかと思ったけれど、2000年以上前に神の子を十字架にかけているわけだから、元に戻ってきた、が正確かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA