質問をしろ!

Pocket

とある音楽大学のクリニックで講師が「何か質問は?」と訊ねたが、参加者が誰も何も応えなかったので「何でも良いから質問するように」と注意するシーンがありました。「訊くことがないのに、どうやって質問すればいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、「訊くことがない」という状態が危険だと講師は言いたかったのでしょう。

質問するためには疑問を持ち、それについて考えなければなりません。質問がないということはつまり、疑問がない状態、あるいは考えるのをやめている状態です。マジシャンが帽子からハトを出しても「何がすごいのかわからない」というのが前者、「すごいなあ」と感心しているだけが後者です。どちらも観客であって、マジシャンにはなれません。マジシャンになるためには、「どうやったのだろう」と考える必要があるのです。

なぜ「何がすごいのかわからない」と思ってしまうのでしょうか。おそらく、「あれは帽子から出したと見せかけて、テーブルの下のカゴからこっそり出しているんだ」とトリックを知っているケースが多いのではないでしょうか。ようするに、「ハトしか見ていない人」です。ハトを出すにいたるまでの動きや言動、演出を見落としているわけです。「ハトを出したことに気がつかなかった」という人もいます。いずれも観察力不足が原因です。

具体的に、楽器のクリニックで例を出しましょう。講師がメトロノームを使った練習法を紹介したとします。ハトしか見ていない人は「この練習方法は知っている。特に疑問はない」と思うわけです。この場合は「練習方法しか見ていない人」です。たとえば、「この練習をすることでどういった効果が現れたか。その具体例はあるか」とか「メトロノームの音色によって変化はあるか」とか、ちょっと考えただけでも質問は浮かんできます。質問自体に意味があるというより、観察すること、頭を使うことが重要なのです。

櫻井のレッスンでは、櫻井が生徒様に質問することが非常に多いです。それも、イエスとノーで答えられるものではなく、「具体的にどうすれば良いか」を訊ねています。「それを教わりにきたんじゃないか」と憤る方もいらっしゃいますが、答えを教えるのではなく、答えを考える術を身に付けるのがレッスンだと櫻井は考えています。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA