絶対に痩せる方法

Pocket

この方法の素晴らしい点は、「バランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活をし、適度に運動する」というわけでもなく、「ある行動」だけで勝手に体重が減っていくところにある。事実、櫻井はこの方法で4キロほど痩せた。効率の良い方法は他にもあるかもしれないけれど、この方法を使えば100パーセント確実に痩せられる。たったひとつのシンプルな行ない、それは「食べない」だ。食べなければ痩せる、これは真理である。

食事量を0にして光合成だけで生きられるなら、タンポポの綿毛くらいの体重になれるかもしれない(骨をどうするか、という課題は残る)が、今のところ人類にそのような機能はないし、食べなければ死ぬ、というのも同じくらい真理である。しかし、現時点の食事量を100として、それを50まで下げれば確実に今より痩せることができるだろう。つまり、1日3食の食事を、2日で3食にすればいいのである。何か特別な行動をするのではなく、むしろ、いつもの習慣を削るわけだから、その分自由な時間も増える。一石二鳥なのだ。

櫻井がこの方法を実践したのはアイルランドに住んでいたころで、特に痩せたいという願望があったわけではなく、環境が大きく変わったせいでそうならざるを得なかった、という背景がある。具体的にどう変わったかと言うと、

1. シェアハウスのため、使える冷蔵庫のスペースが少ない
2. スーパーやコンビニの営業時間が短い
3. 大学生活が忙しく、買い出しへ行けるタイミングが限られている

以上の理由により、「家に食べるものがない」という事態が頻発した。同居人に頼めば食料を分けてもらえたかもしれないが、英語を喋るくらいなら餓死した方がマシだ、と思っていたし、食べたいと思っても食べるものがないのだから仕方ない、と空腹を我慢していたら自然と2日で3、4食くらいの食生活になった。痩せたい人は皆アイルランドへ行こう。

余談だけれど、SNS上で「最近太った」と、体重を気にしているような投稿(つぶやき)をしておきながら、今日食べたラーメンなどの画像を平気で載せている人がいる。この傾向は中高年に多く、決まって「中年太り」「歳のせいか」と加齢について言及している。何でもかんでも年齢のせいできる人は幸せだな、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA