特技

Pocket

自ら得意とする特別の技能、また、他人よりうまくできる技能のこと。履歴書に必ずと言っていいほど書く欄が設けられているので、みんな一度は考えたことがあるはず。「特技・趣味」と混合している場合も多い。就職活動などを目的する場合を除き、趣味は自分の好きなことを書けば良いので比較的簡単に思いつくが、特技となるとなかなかそうはいかない。何せ「他人よりうまくできる」と胸を張れるものなのだから、生半可な実力では特技とは呼べない。

ある少年の特技は「昼寝」「あやとり」「射撃」である。「昼寝」と「あやとり」は趣味だろ、と思うなかれ。彼は1秒かからずに就寝することができ、オリンピックで金メダルを獲得できる世界記録レベルなのだ。あやとりにしたって、「日本プロあやとり協会」から契約金3,000万円でスカウトされる世界レベルの実力者だし、西武時代のガンマン相手に勝利する射撃の腕も十分特技として認められるだろう。

よく挙げられる特技の例としては、サッカーや野球、スキーなどのスポーツ関連が多い。これは学生時代の部活動の延長で、体力があることや団体行動に優れていることのアピールにも繋がるだろう。櫻井は基本的に運動が駄目なのだけれど、実は幼いころに水泳を習っていた経験があり、50メートルくらいなら潜水(息継ぎなし)で泳げるので、これは特技と呼べるかもしれない。

スポーツ関連の他に、料理、裁縫、パソコンなど文科系の特技もある。しかし、いずれも日常的なものなので、「パスタが作れます」とか「インターネットできます」くらいでは特技とは呼べないだろう。せめて「カレーはルーから手作りします」とか「プログラム組めます」とか。それを踏まえると、櫻井の文科系の特技は「ブラインドタッチ」になると思う。小学生のころからずっとキーボードをかちかちやっているため、たぶん、ドラムより上手い。試しに技能検定模試なるものを受けたら、なんと一級レベルだった。最近ずっとブログを書いているせいかもしれない。

このブログを書く前は「自分は特技なんて持ってないよなあ」と思っていたのだけれど、書いているうちに「そういや自分はこういう特技を持っているかも」と思うようになった(えらく地味な特技だけど)。きっと探さないだけで、みんな何かしらの特技はあると思うのだ。自分探しに効果的なのはインド旅行よりもブログ投稿、かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA