愛され体質

Pocket

◯エピソード1

櫻井がアイルランドに留学中、当時付き合っていた彼女が夏休みを利用して遊びに来てくださったことがある。彼女にとっては海外旅行であるし、久しぶりの2人の時間なので、アイルランド観光をすることになった。観光といっても、アイルランドの観光地は公園しかない(参考『「アイルランドへ行っていました」と言った時の反応あるあると、その返答一覧』)。普段家から外にでない櫻井は、ちょっと歩いただけで息が切れてしまい、公園の原っぱで横になった。

目を閉じてうたた寝をしていると、驚いたことに誰かが顔を舐めにきた。「おお、いつもは奥手な彼女なのにえらい積極的やな」と思って目を開けると、


(撮影:元彼女)

犬でした。

散歩しに来た犬が櫻井のところまでダッシュしにきたらしい。これには彼女も大爆笑。身を案じる前にカメラを取り出すあたり、よくできた女性である。その後、ジャックと呼ばれた小型犬とひとしきりじゃれあった櫻井であった。

◯エピソード2
実家には猫がいる。あまり人に懐かないらしいのだけれど、櫻井があぐらをかいて座っていると、近づいて足の上に乗っかってくる。


(撮影:櫻井)

大変温かいし、心地良い。ただ、ずっと座り込んでいるので、多少足が痺れる。なかなかお風呂に入れない櫻井であった。

◯エピソード3

実家に帰った時のこと。家族と一緒に地元の雑貨屋に立ち寄ると、1匹の大型犬が店の中にいた。立ち上がったら大人くらいの背丈がある。どうやら、店主の飼い犬らしい。店主に許可を取って、家族が雑貨を見ている間ずっとじゃれていたら、


(絵:櫻井)

手首ごと食われました。
しっかりと犬歯を立てていたため、なかなか離してくれない。痛い痛いともがき苦しみつつ、ああ、これブログのネタになるな、と喜ぶ櫻井であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA