友だちの条件

Pocket

新年度になった春の頃、とある小学生の生徒様が「友だちがいっぱいできた」という風なことをおっしゃっていました。櫻井にはそういったスキルがないので羨ましい、と答えると「ティモさん、ドラムの先生なんやから、生徒の友だちがいっぱいおるやろ?」とおっしゃります。

たしかに生徒数は多いですが、彼らは客人であり、友だちかと問われると返答に困ります。「生徒だからといって、友だちだとは限らないのでは」と答えると、「お互いに名前を知ってたら、もう友だちじゃん」と即答されました。こういった純粋さも櫻井は持っていません。羨ましい限りです。

仮に「お互いに名前を知っている」が友だちになる条件だとして、櫻井の名前を知っている人は非常に少ないです。というのも、「櫻井ティモ」は本名でないからです(参考『名前の表記について(再)』)。家族や公共機関を除いたら、関西で櫻井の名前を知っている人は1人もいないかもしれません。

辞書いわく「友だち」とは、「勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人」と定義されています。櫻井のブログに登場する「友人」の定義は「櫻井が好意を寄せている、見知った相手」であり、相手の立場や相手からの好意は問題にしていません(そもそも確認できません)。こちらの好意があれば、親や教師であっても友人です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA