レスポールに身体が慣れてきた

Pocket

ありがたいことに、月に何度か教会の賛美隊でギターを弾かせてもらっている。ずっと好きで弾き続けてきたギターを使って、好きな神様を礼拝できるのはとても嬉しいし、楽しい。このまま緩やかにドラマーを引退し、ギタリストとして人生をまっとうしていくのだろう。老後が楽しみでならない。

櫻井が使っているのはギブソン社のレスポールで、バンド時代の友人から借りて預かっているものである。実力に見合わない高価な楽器なだけあって音は太く、反応が速く、ノイズも出ない。非常に櫻井好みのギターなのだけど、「たいへん重い」という欠点がある(参考『重い楽器は良い楽器か』)。長時間演奏していると、肩や腰を痛めてしまうことが度々あった。

これを回避するために、新しい楽器を買うことも考えた。レスポールの他にも良いギターはたくさんある。ただ、どれもすべからく高い。下手に安い楽器を買っても意味がないので、肩の負担を減らすストラップを買おうか検討していた。

ところが、賛美隊でギターを弾き始めてから数ヶ月が経ち、変化があった。レスポールが前より軽くなったのだ。楽器の重量が変わったのではなく、櫻井が重さに慣れたのだろう。そういえば、ちょっと前までギターを弾くと左手首と首が痛くなっていたのに、いつの間にかそれもなくなっている(参考『フォーム』)。成長である。耳も成長したのか、「レスポールよりもう少しタイトな太さが好き」と思い始めているけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA