ドラム講師のカバン【前編】

Pocket

櫻井は基本的に物を多く持ち歩きたくないタイプであるし、ドラム講師という職業柄、楽器を持ち歩くことがほとんどない。他の音楽講師に比べれば荷物は少ない方だと思うけれど、ドラム・レッスンの時はバックパックとキャリーバッグ、2つのカバンを使っている。「物が多い」というより、「1つのバッグに荷物をまとめてしまうとバッグが長持ちしないから分割している」が正確かもしれない。

今回はバックパックについて。もともとはショルダーバッグを使っていたのだけれど、一方の肩に負担がかかってしまうし、両手が空くのは何かと便利である。中身は以下の通り。

○ラップトップ
レッスンの記録、楽譜の作成、音源の編集など、あらゆる業務の必需品。精密機器であるし、貴重品でもあるので、肌身離さず持ち歩いている。

○iPhone用キーボード
鍵盤ではなく、パソコンのキーボードである。主に電車内でブログを執筆する際に使用する。昔は毎日使っていたけれど、週1更新になってから頻度は減っている。

○耳コピ用ノート


電車内で曲をコピーする際に使用するノート。自分さえ解読できれば良いので、3色ボールペンを使って雑多に書く。ちなみに、基本は青か黒で書いて、リピートやDS、コーダといった指示記号は見やすいように赤で書くようにしている。

○楽譜ファイル
曜日ごとに楽譜を整理したファイル。重量があるため、初めはキャリーバッグに入れていたけれど、よく入れ替え忘れてしまうので、今はラップトップ・ケースに入れている。

○ふで箱
普通の筆記用具。メインで使うのはキャリーバッグのふで箱で、こちらはサブである。かつては毎日使っていたので、その名残かもしれない(参考『平成の二宮金次郎』)。

以上。他はティッシュ、目薬、充電器などの日用品が入っている。

後編へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA