ザック・スターキー

Pocket

イギリス出身のドラマーで、イギリスのバンド「ザ・フー」や「オアシス」のサポート・メンバーとしてよく知られている。フーもオアシスもイギリスを代表する超メジャーなロック・バンドなので、そのサポート活動しているだけで十分有名と言えるけれど、そのキャリアよりも彼を有名にしているのは、彼の「父親」である、と言える。彼の父親は、ザ・ビートルズのリチャード・スターキー、通称「リンゴ・スター」である。

世界で最も成功したドラマーである父親から手取り足取り教えてもらったと思いきや、ドラムを始めた10歳のころに1度レッスンを受けただけで、それ以来彼がリンゴにドラムを教えてもらうことはなかったそうだ。リンゴ曰く、「彼には自分と同じ道を歩んで欲しくないし、弁護士か医者になるものと思っていた」らしい。その後、彼は独学でドラムを学び、12歳のころにはパブでバンド演奏をするようになったり、地道に音楽活動をしたりしていった。

そんな彼にも、師匠と呼べなくもない、大きな影響を受けたドラマーがいる。フーのオリジナル・メンバーで、今は亡きキース・ムーンである。もともとリンゴと仲の良かったキースは、息子ザックにドラム・セットをプレゼントしたり、ドラムの演奏法について話し合ったりしたそうだ。ザックはキースのことを「キースおじさん」と呼ぶようになり、親密な関係であったことが伺える。一度レッスンをしただけのリンゴに比べると、キースの方がよっぽど「先生」らしい、と思う。

ザックは確かに、父親によって有名になったドラマーだと言える。しかし、彼のドラムの技術は、著名な父、そして、著名な先生を持ったことに起因しているわけではない。実際、テクニック面においてザックは両名より上である。彼のドラムが上達したのは、彼自身がやるべきことをやったからだ。どんな父を持とうとも、どんな先生に教えを乞おうとも、どう育つかはすべて当人次第である。父や先生にできるのは、せいぜいその責任を負ってやることくらいである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA