アコースティック・ギターの思い出

Pocket

別の記事でも書いたと思うけれど、櫻井が初めて買った楽器はアコースティック・ギター(以下、アコギ)だった。中学2年生の時で、ハマりにハマっていたテレビゲームやオンライン・ゲームの類を全て売り払ったのをきっかけに、音楽へ興味が移り始めた時期である。それまではCDを借りて聞くとか、合唱の授業で満足していたのだけれど、多感な年頃ということも相まって、楽器を操るミュージシャンになってみたかったのだろう。

はじめに「楽器を始めるならジャズを演奏できるようになりたい」という気持ちがあったのだけれど、ピアノや管楽器は技術面でのハードルがあまりに高いイメージがあった。そうなると、候補はギターかベースしかない。しかし、ジャズで使うギター(フルアコ)やベース(コントラバス)はどちらも高価であることがわかったため、「形が似ている」という理由でアコギを選んだ。当時読んでいた音楽マンガの、主人公の友人のギタリストが言っていた「アコギは練習に最適だ」みたいな台詞の影響も強い。

初めての楽器といえば、1万円前後でケースやアクセサリーが付属している「初心者セット」を買うのが一般的だ。しかし、櫻井が買ったのはアコギ本体だけで3万円という、何ともまあ中途半端なグレードのアコギだった。初心者セットが嫌だったとか、試奏して気に入ったから、という理由は一切ない。最大の理由は、櫻井1人で初心者セットを探すことができなかったせいだ。根っからのゲームオタクだった櫻井は、店員と話すことすらままならなかったのである。もちろん「試奏させてください」なんて言えないから、「見た目が普通なら悪い音は出ないだろう」という意味不明な根拠で購入に踏み切った。若気の至りである。

適当に買ったアコギだったが、実はネックが細く、ボディも小さめだったため、初心者でも弾きやすいモデルだったことが購入後にわかった、この15年ネックの反りなどの不具合もなく、今なお現役で使っている。可愛さ余って、最近「クリシェ」という名前を付けた。自分でも気色悪いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA