もしも徳川家康が生きていたら

Pocket

日本史屈指の人気を誇る有名人ですが、具体的に何をした人なのか櫻井はよく知りません。関ヶ原の戦いで石田三成に勝った人、という知識はありますが、まさか単騎で首を取りにいったわけではないでしょう。有名なホトトギスの句も、待つタイプだったか鳴かせてみるタイプだったかいつも迷います。そういえば昔、「暗殺された徳川家康は影武者だった?!」みたいなドキュメンタリーを見たことがあるので、たぶん、まだ生きているのでしょう。知らんけど。

調べたところ、家康が亡くなったのは1616年6月のことで、享年は73歳とされています。今から402年前なので、生きていれば今年で475歳です。仮に家康が年に180万円の厚生年金を65歳から受け取っていたとしたら、総額7億3,800万円となります。噂によると家康は3,000億円の財産があるそうなので、7億ちょっとの年金なんて端金でしょう。

実際問題、400年以上も人が生きることは適いません。当時の技術を集結させて、コールド・スリープでもしたのでしょう。その場合、戸籍上は475歳ですが、実際には73歳のお年寄りです。お年寄りと言ってもタモリや吉永小百合と同い年です。ミュージシャンだとエリック・クラプトンやヴァン・モリスン、ロッド・スチュワートがいます。いぶし銀のような渋みが出る年頃と言えます。

問題は住居です。江戸城はなくなっていますし、皇居に住むわけにもいきません。3,000億円の財産さえあれば家の1件や2件、難なく購入できますが、残念なことにその財産は見つかっていません。周辺の物件は家賃10万円はくだらないし、身寄りがいないから保証人を探さなければなりません。仕事をしようにも、住所がないからどこも雇ってくれません。ジリ貧なのです。

そうなったらもう路上パフォーマンスでもして儲けるしかありません。「マイク1本で世界を変えるDJ☆IEYASUとは俺のことだYO!」とかやったら一躍時の人となるのではないでしょうか。多少知名度が上がったところで「実はほんまもんの家康やねん、わし」とカミングアウトすれば仕事がさらに舞い込むでしょう。いずれは「江戸城奪還! 武道館ライブ!」とかして物議を醸し出してほしいところです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA