なぜキーパーは手を使ってもよいのか

Pocket

キーパーとはサッカーのポジション、あるいは、そのポジションについている人のことを指す。ゴールにボールが入らないよう守備に徹するポジションで、選手の中で唯一試合中に手を使ってもよいことになっている。日本語で「蹴球」と書くことからもわかるように、サッカー最大の特徴は「手を使わず、足でボールをコントロールすること」である。それにも関わらず、どうしてキーパーは手を使うことを許されているのか。「それがルールだから」では説明にならない。「キーパーは手を使ってもよいことにする」というルールになった原因を突き止める必要があるだろう。

まず思いつくのは「ゴールポストが身長よりも高いから」である。頭よりも上の高さにボールを蹴られてしまうと、足で防ぐことが極めて困難になる。 「ゴールに向かって打たれたボールに限り手を使ってもよいことにする」のように手の使用を限定的すると「ゴールに向かって打たれたボール」を定義しなければならなくなるため、手を使ってもいいポジションを作った方が単純というわけだ。しかし、それならゴールポストの高さを腰の辺りまでにすれば良い話ではないか。低くした分を横に伸ばせば攻撃側も公平になる。エアホッケーみたいな感じになるのではないか。

つぎに、「特殊なポジションを設けることでゲームが盛り上がる」といいう理由。トランプの中でもイレギュラーなカード「ジョーカー」がゲームを盛り上げるように、手を使うイレギュラーなポジションがあることで戦略に幅を利かせることができる、というわけだ。この理由ならばある程度納得できる。しかし、それにしても「手を使う」はやり過ぎではないか。足でコントロールする、というサッカー最大の特徴を無視し過ぎている気がする。「ボールを2つにする」とか「試合中に1度だけボールの大きさを変更できる」みたいなイレギュラーでは駄目なのか。

気になったので調べてみたが、専門家でも「長い歴史の中で自然発生したポジションであり、明確な理由は不明」という風なことをおっしゃっていた。あと50年くらい経てば見直されるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA