男女間の友情

Pocket

櫻井が心から尊敬してやまない、愛すべき親友のひとりが、結婚するらしい。らしい、と推定なのは、当人が「結婚します」といった明瞭な発言をしていないからである。性格が蜃気楼みたいに屈折している友人なので、ひょっとしたらブラフかもしれない。疑ってもキリがないので、ここでは素直に騙されておくことにする。結婚、おめでとう。

以前「親友たちの共通点」という記事で挙げた、8人の親友たちの中のひとりで、最も付き合いの長い女性の友人である。彼女がいかに素晴らしい人で、櫻井がどれだけ彼女から強い影響を受けたか、文字にすればたぶん1冊の本ができるくらい書くことができるけれど、ここでは「男女間の友情」というテーマに絞って進めていきたい。

よく「男女間の友情は成り立たない」といった意見を耳にする。その理由として多く挙げられるのが、「友情よりも恋愛感情が勝ってしまうため」というもの。これは確かに重要なポイントだ。やはり異性を強く意識してしまうと、友情だけの関係は難しい。彼女は女性としての魅力がなかった、というわけではないけれど、櫻井は彼女に対して恋愛感情を抱かなかったし、「あなたとは恋仲になりませんよ」という雰囲気を出していたり、実際そのようなことを口にしていたりしたと思う。「恋仲でなくとも友情は持てる」という、ある種の信頼を築けるかどうかが鍵なのだ。男女共に曖昧なく、きっぱりとした態度を取るべきである。

つぎに、「相手が異性であることを認めること」である。いくら友情関係だからといっても、限度というものがある。たとえば、「仕事帰りにしこたま飲んで、終電がなくなったからカラオケで一晩を明かす」といった行動は、同性同士なら何ら問題はないけれど、相手が異性ならば、たとい友情関係であっても問題がある、と考えた方がよい。目安としては、「相手の彼氏(彼女)が知ったら悲しむ(怒る)だろうな」と予測できる行動は避けるべきである。相手に彼氏(彼女)がいない場合は空想彼氏(空想彼女)で構わない。これが予測できない人は、男女間の友情もちろん、恋愛関係も諦めた方がよい。

そして、これは男女間に限った話ではないけれど、「互いに影響し合える関係か」というのが友情を長続きさせる秘訣だと思う。どちらかと言えば櫻井は影響されやすいタイプなので、「どうやったら相手に影響を与えることができるかな」と、いつも切磋琢磨している。ただ、最近気がついたのは「影響とは、与えようと思って与えられるものではない」ということ。難しく、何よりやりがいのあるポイントだ。

さいごに。改めて、結婚おめでとう。いつもたくさんの影響を、ありがとう。君との友情は、何にも変えられない最高の宝物のひとつです。神様の祝福が、いつまでもいつまでも、君たちにありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA