焼肉は料理なのか

Pocket

たしか小学五年生のころ、調理実習の授業があって、班ごとにお菓子作りをすることになった。大概どの班にもお菓子作りの経験がある女子がいて、やれクレープだのマフィンだのを作ることが決まったのだけれど、櫻井の班は何故か男子だけで、もちろん、皆お菓子を作ったことなんかない。授業なのだから、その辺のバランスをちゃんとすべきなのでは、と思ったけれど、今思うと、当時の櫻井は料理手芸部に所属していたので、それを当てにされたのかもしれない。ちなみに、運動部が嫌だから文化部に入った、というだけで、櫻井は料理も手芸もできない。べっこう飴でも作るか、という案もあったのだけれど、「理科の授業で食べられるから」という理由で却下。

結局何を作ったかと言うと、「焼肉」である。「デザートっぽい焼肉」とかではなく、牛肉を焼いただけの、本当にただの焼肉だった。野菜は一切焼かない、タレは市販のものを購入、ご飯はあらかじめ炊いてきたものを持ちこんで再加熱、という徹底っぷりだった。周りは「こんな傍若無人が許されてよいものか」と驚いていたし、櫻井自身まさか許可が下りるとは思ってなかったので、びっくりした。圧倒的多数が甘い香りを漂わせていても、肉の焦げる臭いとは強烈なものである、と証明した調理実習であった。

調理実習で櫻井たちが行なったのは、ただ「肉を焼く行為」だけである。果たしてこれは、「料理」と呼べるだろうか? 国語辞書によれば、料理とは「食材に手を加えたもの」であるらしい。もし「ただ焼く行為」が、この「手を加える」の範疇に入るならば、ほとんど同レベルの「お湯を注ぐ行為」だけのカップラーメンなども料理のカテゴリに入ってしまうのではないか。つまり、焼く、煮る、切るなどの他にもう一手間必要なのでは、と思う。たとえば、「複数の調味料に一定時間漬けた後、焼く」であれば、調理人のオリジナリティも強く求められるので、料理になりえる。

という話をしていたら、「じゃあ、卵を焼いただけの目玉焼きや、ご飯を握っただけのおにぎりは料理じゃないのね?」と一瞬で論破されてしまった。ぐぬぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA