渚のベランダじゃあかんの?

Pocket

久留米が生んだスーパーアイドル、松田聖子の楽曲に「渚のバルコニー」という曲がある。夏になってはしゃいでいるアベック(死語)の歌なのだけれど、その一節に「渚のバルコニーで待ってて」とある。「渚」とは砂浜のことなので、正確には「渚(に建っている建築物)のバルコニーで待ってて」となる。

ところで、バルコニーとは「2階以上の室内から突き出ている屋根のない手すり付きのスペース」のことである。これとよく似た構造を持っているのが、マンションやアパートでお馴染みの「ベランダ」だ。ベランダとは「2階以上の室内から突き出ている屋根のある手すり付きのスペース」である。季節は夏、暑い太陽光線のことを考えればどう考えてもベランダの方が最適である。

そんな酷暑の中で人を待たせるなんて松田聖子らしからぬ振る舞いだ。何か理由があるのではと歌詞を読み進めると、「渚のバルコニーで待ってて」の前後には「一緒に朝日が見たい」という願望が描かれていた。つまり、夏は夏でも、夜のことを歌った歌なのである。さらに「待ってて」は「待っていてください」という命令ではなく、「夜明けまで待っている」という状態を表しているに過ぎなかったのだ。

そう考えるとベランダよりバルコニーの方がうってつけである。海辺とはいえ、夏であれば身体を冷やすこともないし、天気が良ければ南天の空に赤く光る、さそり座のアンタレスが見えるだろう。ロマンチック。

ちなみに「渚のバルコニー」の作詞はバンド「はっぴいえんど」のドラマーで、「硝子の少年(KinKi Kids)」など多くのヒット曲の作詞を手がける松本隆である。以前、彼のドキュメンタリーを見たのだけれど、「『愛している』みたいな(直接的な)言葉を使わずに『愛している』を表現するようにしている」というコメントが印象的だった。

なお、「渚のバルコニー」の歌詞には「あなたを愛してる」が2回、「love you」にいたっては6回出てくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA