櫻井ティモはギタリストである

Pocket

嘘も偽りもないのに、誰も認めようとしない真実です。不思議なことに、「櫻井ティモはドラマーであって、ギタリストではない」という誤解がまことしやかに囁かれているようです。たしかにドラムも叩けるのですが、櫻井ティモはギタリストです。それを真摯に伝えるのですが、どうやら冗談と思われているようです。そこで今回は、「櫻井ティモがギタリストである根拠」を3つ紹介します。

まず、経験年数。ドラムを始めたのは高校に入学した後のことですが、ギターを始めたのは中学2年生のころです。よって、ドラムよりも2年ほど楽器歴が長いことがわかります。誰かにレッスンを受けていたわけではないですし、Fのコードも押さえられませんでしたが、ギターを弾いていない期間(いわゆる「ブランク」)はないので、「ギター歴の方が長い」という事実は揺るぎません。また、今も継続してギターを弾き続けているので、紛れもない「現役のギタリスト」と言えます。

つぎに、器材。借り物ですがエレキギターを1本と、自分のアコースティック・ギターを1本、計2本所有しています。残念なことにアンプとエフェクター類は持っていませんが、今後買い揃えていく明確なプランがあります。いっぽうドラムは、練習台にドラム・ヘッドを張った「なんちゃってドラム・セット」は持っているものの、ちゃんとしたドラム・セットは持っていません。過去に1度だけ安物のドラム・セットを買ったことがありましたが、海外に住んでいる時でしたし、半年ほどで手放しました。

そして、愛着。好きな楽器は数多くありますが、あえて1つだけ挙げるなら間違いなくギターを選ぶ、というくらいギターに対して愛着があります。音色が好きだったり、弾いている姿が格好良いと思ったりする楽器は他にもありますが、「弾いていて楽しい楽器」と言うと、ギターに勝るものはありません。ギターという器材そのものに対して、強い関心があるのです。

以上の理由により、櫻井ティモは正真正銘のギタリストであることがわかります。「いやいや、あんたドラム講師でしょ」と言う人は、よく考えていただきたいのですが、普段は会社勤めのギタリストに対し、「お前はギタリストではなく、サラリーマンだ」と言うしょうか。たとえリズム・チェンジの曲でパワー・コードを弾いていようが、いまだに『Long Train Running』のカッティングを練習していようが、ソロでマイナー・ペンタトニックを下から上になぞるだけだったとしても、櫻井ティモはギタリストです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA