格付けチェックのコツ

Pocket

正月の有名な特別番組の企画の1つで、端的に言えば「値段の高いもこと安いものを判別する」である。題材は高級食材だったり芸術作品だったり様々だが、その中に「ストラディヴァリウスと入門用のバイオリンを聞き分ける」というテーマがある。入門用といっても数十万円する楽器なので、決して安物ではないのだけれど、ストラディヴァリウスが破格なので引き合いに出されているわけだ。

櫻井はこの企画を実家のテレビで見ることが多いのだけど、バイオリンの聞き比べはこれまで外したことがない。バイオリンの演奏経験があるわけではないし、クラシックに通じているわけでもない。ただ、ストラディヴァリウスほどではないとはいえ、いわゆる「ビンテージのギターやドラムの特徴」を知っているため、その知識を応用しているところはある。

ビンテージ楽器の特徴を具体的に理解するのは非常に難しい。強いて表現するならば、「柔らかい」「太い」「深い」「丸い」「甘い」と形容できるかもしれない。このように、抽象的なイメージで音を捉えることがポイントになる。もう少し具体的に説明すると、ビンテージ楽器は高域よりも低域が前に出る傾向がある。同じ音程を聞き比べ、1音が長く伸びているように聞こえた方を選んでみよう。

いろいろとうんちくを垂れたものの、「そもそも2択なので適当に選んでも50%の確率で当たる」という理由が最も大きい気がする。正直、バイオリンの比較は他の題材に比べて簡単だと思う。サックスのアルトとテナーを聞き分けられる人だったら誰でも当てられるのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA