本が読めなくなる病

Pocket

昔から読書が趣味と書いたことがあるけれど、以前に比べ、読むペースはかなり落ちている。社会人をやっていた頃(今も社会人だけど)は、普通の文庫本なら週に6冊か7冊は読んでいたのが、今は2週間に1冊読むのがやっとなのだ。およそ92パーセントもパフォーマンスが下がっている計算になる。これがバーゲンなら、税込45,000円のコートが3,600円で買える。

読む時間がなくなったかといえば、そうでもない。毎日4時間睡眠だった新聞配達をやっていた頃でさえ、週に4冊は読んでいた。今もそれなりに忙しいけれど、本を読む時間くらいはある。では、読書以外に魅力的なコンテンツができたかといえば、それも少し違う。ギターは触っているけれど、それは以前からずっと変わっていない。スマートフォンの機能が向上したため、インターネットをする時間は増えたが、それにしたって1日ずっとやっているわけではない。

今までは、文字を読むスピードが落ちたのかな、と大して気にしていなかったのだけれど、ここ最近、毎朝読んでいる聖書ですら、すぐに疲れ、長くは読めない状態になってしまった。これはちょっと具合が悪い、と自分なりに検証してみた結果、読むスピードは落ちていないものの、集中力の欠如が甚だしいことがわかった。別に眠いわけでもないのに、文字を追いながら、頭では全く違うことを考えている、といったことが幾度となくあったのだ。これではまるで読書にならない。

どうして集中力が落ちたのかわからなかったけれど、原因はごく身近なことだった。視力の低下である。元々かなりの近眼ではあったが、ここ数年で左右の視力に差がついてしまい、視力の低い左目をつぶって、右目だけで文字を読む癖がついていることに気がついた。やってみるとわかるけれど、片目だけで文字を追うと、相当疲れる。メガネの度が合っていないのも主たる原因だろう。要するに、以前に比べ、文字を追う負担が大きくなった、これが原因である。

将来はギターと読書で自室から一歩も出ない引きこもり生活がしたいので、電子図書館なるシステムができないかな、と渇望していたけれど、技術が進歩する以前に、櫻井の身体が間に合わないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA