文学少年

Pocket

「コーヒーを飲める俺、おとな」くらいの感覚で、「挿絵が入ってない本が読める俺、おとな」という妙な背伸びのおかげで、比較的幼いころから活字慣れをしていたせいか、櫻井の趣味は昔から「読書」だった。国語の授業なんてまともに受けたことがないのに、こうして文章を書けているのも、読書の影響が大きい。なんでも高校には「文芸部」あるいは「文藝部」というものがあって、宇宙人が窓辺で本を読んでいたり、部長がおやつに本を食べていたり、眼鏡をかけた新入部員が盆栽をしていたりするらしい。誠に残念ながら、櫻井の通っていた高校や小中学校には文芸部がなかった。もしも小学生のころから文芸部に入っていて、文芸部のある高校に進学していたら、今ごろどうなっていただろう。今と大して変わらない気がする。

読んでいるのは普通の文学作品で、海外の本もよく読むけれど、言語は日本語(つまり翻訳されたもの)に限定される。「洋画は吹き替えじゃないと見れない」くらい非難をあびそうなものだけれど、こればっかしはどうしようもない。「原作が日本のものならどうだろう」と思い、村上春樹氏の「ノルウェイの森」の英語版を一度読んだことがあるけれど、直子と歩いているシーンあたりで断念してしまった。内容に関わらず、他言語の本は読書の対象にならないのである。そのため、留学中は本が読めなくて軽く読書中毒状態だった。最近はタブレット端末などで読める電子書籍もあるけれど、紙媒体のように長時間は読めないし、「片面印刷で裏のページがない本」という点に違和感を覚えてしょうがなかった。櫻井が隠居するころまでには技術が発展して、紙と変わらない材質と感覚で、かつダウンロード可能な機器および図書館が発足していることを願うばかりである。

図書館をあまり利用しない人のために言っておくと、市営図書館はその市の市民であれば誰でも無料で利用することができる。専門書や雑誌も置いているし、漫画やライトノベルも扱っている。本だけじゃなく、CDやDVDも貸し出している。1度に10冊前後を2週間ほど借りられるし、場合によっては延長もできる。インターネットによる予約・お取り寄せも可能。新書もだいたい1年以内に入荷する。読書好きとっては夢のような施設なのだ。いつか図書館コンサートとかできたら面白いだろうなあ、とは思っているのだけれど、どこの図書館でも館内BGMにジョン・ケージの「4分33秒」がリピートしているので、邪魔はできないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA