怒りやフラストレーションを芸術活動に昇華させる方法

Pocket

心に抱えた負のエネルギーを原動力とし、音楽や絵画、小説などの芸術活動で成功を収める人がいます。こと音楽に限定しても、失恋した悲しみやショックを歌詞にしたり、耳が聞こえなくなった不安や苦しみを作曲に活かしたり、戦争や貧困、差別への怒りから平和を歌ったりするなど、様々な表現方法があります。このように、本来であれば悪影響となり得るマイナスの感情を、行動の一因へと変化させる心の動きのことを「昇華」と言います。

著名なアーティストのインタビューを見ると、昇華と考えられるエピソードがよく取り上げられています。ドラマチックで見ごたえがありますし、成功が約束された物語であるため、扱いやすい商品なのでしょう。それだけ影響力もあり、「成功するためには昇華が必要だ」と考えているアーティストは多いです。あえて自分を苦しい環境に置いたり、身の丈に合わない高いハードルに挑んだりします。

櫻井の知り合いでは、「作曲する時は自宅の押入れに引きこもる」という人がいます。家には広いスペースがあるのに、空気も悪く照明もない、狭い空間をわざわざ選んでいるのです。また、「自分は世間から期待されている」と思い込むことで、自身にプレッシャーをかけている人もいました。心理士の友人いわく、結果が出ているならどちらも昇華と呼べなくもないそうです。つまり、自作自演であっても昇華は可能である、ということです。

重要なのは「結果を出すこと」です。この場合の結果とは、社会的成功に限りません。「大きな音を出してすっきりしたい」という些細なものでも十分結果です。マイナスの感情を無視したり誤魔化したりせず、正面から向き合った上で行動できれば昇華は成功です。言うだけなら簡単ですが、実際は難しいでしょう。高望みすればそれだけ結果は出にくくなりますし、最悪それが原因で症状が悪化する可能性もあります。「プロになって見返してやる!」みたいな大きな結果より、「誰か1人を笑顔にしたい」みたいな身近な結果の方が昇華に繋がりやすいのかもしれません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA