座右の銘

Pocket

国語辞書曰く、「常に自分の心にとめておいて、戒めや励ましとする格言」のこと。英語だと「ポリシー」だろうか。右があるなら左もあるのでは、と調べてみたら案の定「座左の銘(ざさいのめい)」という言葉が見つかった。意味は同じで、右利きの人は座右の銘、左利きの人は座左の銘になるらしい。つまり、両利きの人はそれぞれ1つずつ持てる、ということだ。右に「天上天下」、左に「唯我独尊」だったら、なかなかブッダである。右に「石橋を叩いて渡る」、左に「案ずるより生むが易し」だったら、なかなか二重人格である。

上の例のように、「四字熟語」ないし「ことわざ」を座右の銘にしている人は多い。櫻井の母は「沈黙は金」が座右の銘だ、と仰っていた。貴金属に興味がない人だったので、「沈黙に価値はない」という意味だろう。今は「沈黙はプラチナ」くらいパワー・アップしているかもしれない。寡黙な人で、幼い櫻井に対して「余計なことを、とやかく喋るな」と戒めてらしたが、あれは櫻井の天邪鬼をあえて狙った教育なのかもしれない。ところで、沈黙は金って四字熟語? ことわざ?

他にも、「著名人の名言」を座右の銘にしている人もいる。よく見るのが高杉晋作の「おもしろき こともなき世を おもしろく」だが、たしかこれは彼の辞世の句だったと記憶している。暗に「死にたい」と仄めかしているのだろうか。また、「一日一善」くらいの具体性は認められるが、「毎日早起き」とか「最初はシャンプー」くらい具体的になると、座右の銘ではなく目標、習慣として扱われる。

ここまで書いておいて何だけれど、世間一般には座右の銘がない人の方が多いと思う。座右の銘とは言ってみれば固定観念の一種であり、それに縛られてしまうのはハンディキャップになる。持たないに越したことはないけれど、会社の面接で「あなたの座右の銘は何ですか」と訊かれるケースがあるそうなので、営業用に一つくらい用意しておいてもいいかもしれない。

櫻井の座右の銘は、「人の嫌がることをやる」である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA