女性の「痩せたい」は、体重を落としたいわけではない

Pocket

つい最近知った、真理の1つ。正確には、「結果として体重を落とすことになるのだけれど、そこに焦点を置いているわけではない」です。何の疑問もなく「そんなの当たり前じゃん」と思った男性は、なかなか乙女心がわかっているのではないでしょうか。

痩せたい」という言葉は、「体重を落とす」という意味の動詞(サ行下一段活用)である「痩せる」に、「~したい」という言葉を組み合わせることで、将来の願望を表現した言葉です。これを櫻井は、そのまま「痩せる、をしたい」だと思っていました。英訳すると「I want to lose my weight(私は体重を落としたい)」となります。つまり、痩せる行動、行ないに目を留めているわけです。

ところが、女性の「痩せたい」は違います。彼女たちは、痩せる行動に目を留めているわけではありません。彼女たちの「痩せたい」は、「痩せた状態になりたい」の略なのです。動詞というより、形容詞的用法と言えます。英訳すると「I want to be slim」です。さらに、「痩せる行動をすっ飛ばして、結果(痩せた状態)だけが欲しい」というニュアンスが含まれている場合が多いのです。英訳すると「I want to be slim without any works」となります。

これに気付かず櫻井は、「ああ、痩せたいけど、アイス食べたい」と言う女性に対し、「は?」という態度を取り続けていました。「痩せたいなら食うなよ」という風に思ったわけです。それで「痩せるか食べるか、どっちかにすれば」という的確な(と思っている)アドバイスをすると、「もういい! 知らない!」と、ぷりぷりされるわけです。

ではこの場合、何と答えるのが正解なのでしょうか。彼女たちの真の願望は、「アイスを食べる、かつ、痩せた状態」です。しかし、「アイスを食べると太る」という真理は覆すことができないので、両方を同時に満たすことはできません。しかるに、具体的なアドバイスをした時点で、女性は怒ります。よって、「あー俺もアイス食べたいわー」と返事をにごすか、「痩せると言えばこないだテレビで~」などと話題をそらすのが適当である、と考えられます。ぜひ、試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA