商いは牛のよだれ

商売は牛のよだれのように、細く長く続けるのが吉である」という意味のことわざです。類義語には「継続は力なり」が挙げられます。大儲けを狙うよりほそぼそとでも続けていくことで仕事は成功する、という先人の教えですが、これを「牛のようにぼうっとしているのが良い」と間違えないように注意しましょう。倣うべきはあくまで「牛のよだれ」です。

1日に分泌される牛のよだれの量は100リットルから200リットルと言われています。人間のよだれは1日に1.5リットルとされているので、およそ100倍です。どうしてこんなに大量に分泌しているかというと、牛は草食動物で、草を消化するため反すう(一度胃に入れた草を口に戻してそしゃくを繰り返す習性)をしているからです。この反すうは食事後、起きている間はずっと行われるため、6時間から10時間ほどかかると言われています。



見た目にはだらけているように見えても、実のところは絶えずよだれを分泌している、これが商いを成功させる秘訣なのです。常人の100倍はよだれを出すこと。そのためには、寝食以外の時間に心血をそそぐ必要があるでしょう。目指せA5。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。






開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!




※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。