中二病

Pocket

もともとは「思春期にありがちな、思い返すと恥ずかしい過去」を揶揄する言葉だったが、現在はキャラクター化が進み、一種の個性になりつつある。特徴を挙げると、まず見えないものが見える。というか、「視える」。たびたび右手が疼くようになり、本当に正体不明の組織に追われることになる。「ヤ・ニ・マグー・ガヴァリーチ・パ・ルースキ!」と謎の呪文を口走り、暗闇や単独行動を好むようになる。ちなみにヤ・ニ・マグー・ガヴァリーチ・パ・ルースキは、「ロシア語が話せません」という意味のロシア語。

今思えば、櫻井も小学生のころは中二病だったかもしれない。ちょっと肌寒い日に「絶対零度!(魔法名)」と叫んでいたことはあった。あと当時ハマっていた某悪魔召喚ゲームの影響で、卒業文集の「将来の夢」の欄に「サマナー(召喚士)」と書いたくらい。それから国語の授業で「人類60億の中で自分は独り」みたいなポエムを書いていた気がする。服装も真っ黒だったし。包帯は巻いてなかったけれど、前髪だけ伸ばして目元を隠していた。まあ、そんなに珍しいものではないと思う。ね? ね?

中学2年生のころはどうだったかというと、いつも遊んでいたゲームハードが壊れてしまい、買い直すのも勿体無いので、「これをきっかけにお金のかからない趣味に修正しよう」と、音楽にのめりこんでいった時期だ。初めは合唱、次にギターと、聞くだけじゃなく演奏する側に興味を持ち始めたのも中二のころ。そういう意味では、今でも櫻井は中二病患者と言える。恥ずかしいとは思っていないけれど、みっともないことだ、という自覚はある。

仮に中二の時にゲームハードが壊れていなかったら、今ごろ手から炎が出るくらいにはなっていたかもしれない。あ、でもお風呂で湯船につかる時、揺れる水面に手を当てて「静まれ……っ!」みたいなことは今もする。いや、あれは皆するでしょ。しない? しないか。しろよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA