不器用なりの戦い方

Pocket

櫻井は大変な不器用で、大抵のことが要領よくできません。楽器演奏も例外ではなく、世界一簡単なポピュラー楽器であるドラムですら初めはまともに扱えませんでした。一緒に習い始めた同級生と比べ、明らかに成長のスピードが遅いのです。どんどん拡がっていく実力差と、自分の情けなさにいたく腹を立てていた学生時代でした。

これが少年漫画の主人公だったら「ライバルに負けるものか!」と切磋琢磨するのでしょうが、櫻井は「演奏では勝てないから、別のベクトルから攻めよう」と考えました。真っ向勝負ではなく、姑息な手段を取ったのです(悪役の思想です)。できないことはしませんし、勝てない勝負には乗りません。みんながみんなヒーローになりたいわけではないのです。

あらゆる悪知恵を働かしてきましたが、中でも功を奏したのが「知識をつける」でした。カタログや音楽雑誌を読み、やれ器材がどうだの、あのドラマーはこうだの、このテクニックはああだの学び始めたのです。楽器演奏は理解できても実演できなければ意味がありませんが、知識は知った瞬間、武器になります。幸いなことに、櫻井の記憶力は人並みに働きました。こうして櫻井は、楽器演奏のモチベーションを保っていたのでしょう。

「櫻井に見習って知識をつけるべきだ」という話ではありません。人にはそれぞれ得手不得手があるので、他人の真似をせず自分のスタイルで戦う方が長続きするのです。才能や器材がなくても、優秀な先生に習わずとも、継続さえしていれば楽器演奏は上達します。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA