ミュージシャンの名前あるある

Pocket

こないだミュージシャンの友人と、「ボーカリストの『名前全部アルファベット率』が異常に高い」という話題になった。「John」や「Emily」のような英語名ではなく、「TARO」とか「HANAKO」のように、「日本語名なんだけど、全部アルファベット」のボーカリストが多いということ。例に挙げたように、すべて大文字である場合がほとんどで、ロック、ポップス、ジャズ、ジャンル問わず多い。アンサンブルの花であり、とりわけ主張しなければならないポジションなので、奇をてらっているのかもしれないけれど、皆が皆、奇をてらっているせいで、返って覚え辛い、という事象が発生している。

自分のことを棚に上げているが、「櫻井ティモ」も奇をてらってつけた芸名である。が、実はドラマーの「謎のミドル・ネーム率」と「半分カタカナ名率」も物凄く高い。何を隠そう、僕も初めは「”Timo”」をミドル・ネームに入れていたのだけれど、あまりにもミドル・ネームを持ったドラマーが多いので、「櫻井ティモ」に改名した、という経緯がある。半分カタカナ名のドラマーも多いと気付いたのはその後のことで、そもそも「謎のミドル・ネーム」も「半分カタカナ名」も似たようなものであるし、これ以上の効果は期待できない、と諦めた上での「櫻井ティモ」である。地味で胡散臭いドラムという楽器だからこそ、何とかして名前で目立とう、という浅はかな考えを持つのだろう。下品な思惑である。

では今後、どのような名前が奇をてらったものになるか。今のところ考えられるのは「バンド名のような個人名」とかではなかろうか。「キング・オブ・マイク(Vo.) 」とか。いかにも池袋にいそうなボーカリストではないか(実際にいたらごめんなさい)。日本語訳にすると、マイクを高く買い取ってくれそうな人にも思える。最近、文章系のバンド名も流行っているので、「今夜、カレーライス(Vo.) 」なども考えられる。MCで元気に「どうもこんばんわー! 今夜、カレーライスです!」と言えば「よほど夕食が食べたいんだな」や「昨日は何を食べたんだろう」と、観客の心をわし掴みにすること請け合い。

そういえば昔、「マドンナ、プリンス、スティング。この中で本名でないのは誰?」という問題があった。ミュージシャンなら即答できるだろう。どれも芸名のような響きだけれど、内2人は本名である。今後はキラキラネームのミュージシャンも出てくるだろうし、わざわざ奇をてらうものでもないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA