Which witch wished which wicked wish

Pocket

「タング・ツイスター」と呼ばれる英語の早口言葉で、カタカナ読みすると、「ウィッチ・ウィッチ・ウィッシュド・ウィッチ・ウィキッド・ウィッシュ」、意味は「どの魔女が邪悪な願いを望んだか」となる。語学学校へ行っていた頃、「英語の早口言葉をひとつ調べて持ってくるように」という宿題で、僕が選んだのがこれだった。理由は、見た目のインパクトの割に、そんなに難しくない早口言葉だと思ったからだ。逆に、地味だけど最強に難しいと思ったのは「Red leather(赤い革)」だった。日本の早口言葉同様、3回繰り返して言ってみよう。

ゲーム繋がりで、「魔女」にまつわる論理クイズをひとつ。ここに野村、木村、田村という3人の女性がいたとする。実はこの中に、何人か「魔女」がいる。魔女でない人は必ず真実の証言をし、「魔女」は必ず嘘の証言をする。例えば、以下のような証言を得たとする。

野村「木村は魔女です」
木村「田村は魔女です」
田村「魔女の数は1人だけです」

これらの発言から得られる結論は何か? 少し考えてから下スクロールしてみよう。

【解説】

仮に「魔女はいない」とすると、全員の証言が矛盾する。「野村だけが魔女」は木村の証言と矛盾するし、「田村だけが魔女」は野村の証言と矛盾するし、魔女のはずである田村が真実の証言をしてしまっている。「野村と木村が魔女」は野村が真実の証言をしているし、「木村と田村が魔女」は木村が真実の証言をしている。「全員魔女」だと野村と木村が真実の証言している。

よって、この問題は「木村だけが魔女、あるいは、野村と田村が魔女」が答えとなる。「答えがふたつあるじゃないか!」と憤っているあなた。答えがひとつとは言っていないぞ。考えうる可能性をすべて考慮するのが論理クイズの基本である。

「木村は魔女なのか、魔女じゃないのか」、気になってしょうがないあなたのために、もう1問用意した。条件は前述と同じ。今回、答えは1つしかないが、「木村だけが魔女、あるいは、野村と田村が魔女」のどちらか、とは限らないことを注釈しておく。必ずすべての可能性を考慮するように。

野村「この中に魔女は3人います」
木村「この中に魔女は2人以上います」
田村「私はドラムが大好きです」

回答編はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA