パンクの思い出

今年に入ってから、パンク音楽ばかり聞いています。というのも、大学時代から研究している「ヘビーメタル」というジャンルが、パンク音楽の発展系「ハードコア・パンク」と密接な関係にあるそうで、せっかくなら源流たるパンク音楽から聞き始めているわけです。

「聞き始めた」と言っても、セックス・ピストルズ、イギー・ポップ、パティ・スミスといった有名どころは知って(聞いて)いますし、一番好きなバンド「ザ・ポリス」もパンク・バンドなので、まったく知らないジャンルではありません。調べていても「あ、このアーティストてパンクなんやね」と気づかされることがしばしばありました。

演奏するのが比較的容易なジャンルのため、「楽器初心者の味方」というイメージがあります。たしかに、ギターやベースはシンプルに3コードだけだったり、ボーカルは歌唱力よりも勢いが求められがちだったりします。ただ、総じてテンポが速い傾向にあり、ドラマーにとってはまあまあ大変なジャンルです。そういえば、パンク音楽にバラード曲ってあるんでしょうか?



★オススメ ライブ




僕が通ってた高校ではヘビーメタルに負けず劣らず人気のジャンルだった気がします。今思うと校風のせいかもしれません。高校時代の僕は手が動かない系のドラマーだったので、「こんな音数が多いジャンル気がしれない」と思っていました。20年経った今、ようやく逆襲が始まるわけです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール