バンドが解散する理由

Pocket

よく挙げられるのは「音楽性の不一致」だが、この言葉は正確でないゆえに理由として不適切である(参考「音楽性の違いとは」)。近い理由を挙げるなら「バンドに求められている音楽性に、メンバーが応えられなくなったから」だろうか。バンドとはブランドであり、会社である。聴衆は、歌モノで売れたバンドには歌モノを求めるし、ロックで売れたバンドにはロックを求める。たとえば、ミスチルがデス・メタルの楽曲ばかり売り出したら、ファンは半分以下に減少するだろう。たぶん、歌詞を英語にしただけでも需要はかなり下がる。ミスチルはそれくらい「歌モノバンド屋」なのだ。

ミスチルは30年近く歌モノを売り出せている優秀な会社だけれど、普通はこう上手くいかない。ネタがなくなってくるし、クリエイターも飽きてくる。売れていれば資金もある。すると、「もっと自由に創作したい」と会社からの独立を考え始めるメンバーが出てくる。これがドラマーみたいな末端の平社員だったら何ら影響はないのだけれど、ボーカリストや作詞・作曲者といったバンドの重要人物がいなくなると、会社は立ち行かなくなる。結果、会社は倒産する。これが「解散」だ。

しかし、一番多い理由は中心人物の独立ではなく職場内の不和、つまり、「人間関係の不一致」だろう。普通の会社が「上司や同僚が気に入らないから」という理由で倒産することはまずありえないけれど、バンドは比較的小規模の会社であるゆえに潰しやすい。歴史上最も成功したバンドであるビートルズでさえ、人間関係の不一致で解散している。バンドを長続きさせるのは、どれだけ稼げるかではなく、また、どれだけ良い音楽を作れるかでもなく、どれだけ良い関係を築けるかにかかってくる。

櫻井が6年余り活動していたバンドを辞めた理由は「自分にバンド・ビジネスは向いていないと判断したから」だけれど、「メンバーの才能を信じられなくなったから」という理由もある。結成当初は「このメンバーだったら売れる」と信じて疑わなかったが、創作活動の低迷を目の当たりにして見限ってしまったのかもしれない。これは音楽性の不一致か、はたまた、人間関係の不一致か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA