ドラム演奏に適した服装

Pocket


ドラムの演奏は運動であり、運動にはそれぞれ適した服装がある。剣道着を着て泳いだら溺れるし、サッカーで1人だけ違う色のユニフォームを着たら混乱する。ウェディング・ドレスを着てマラソンをしたら、ドラマの撮影と勘違いされるだろう。これらの例に基づくと、「合理的に身体を動かせる服装」「統一感のある服装」「誤解を招かない服装」こそドラム演奏に適した服装であることがわかる。順に考察していこう。

○合理的に身体を動かせる服装

基本はスポーツと同じで、薄手で軽く動きやすいもの、通気性が良く汗を吸っても蒸れにくいものが望ましい。また、身体の動きを制限しないよう、少しゆったりしたサイズを選ぶ。袖や裾が長いと、両手両足の動きがさえぎられたり、スティックやビーターに引っかかったりする可能性がある。
指輪やブレスレットはできるだけ身につけない方が良いし、つけるとしても装飾がシンプルなものが好ましい。視界を阻むような帽子やサングラスはアイ・コンタクトの邪魔になるので、避けるべきだろう。ネックレスは長すぎるとスティックに引っかかったり、かがんだ時にスネアに引っかかったりするので注意しよう。
靴については、以前書いたことがあるので参照されたし(参考「靴とドラムの関係」)。

○統一感のある服装

通常、ステージ衣装とは演者を目立たせる効果を狙ったものであるが、目立つにも良いものと悪いものがある。統一感のない衣装は、間違いなく後者に属する。たとえば、他のメンバーは全員スーツ姿なのに、ドラマー1人だけTシャツ姿では、聴衆のフォーカスはドラマーの服装に向かってしまう。そうなると、たとえ良いパフォーマンスができたとしても「あのドラマーの格好、なんだったんだろうね」という印象で終わってしまう。
他にメンバーがいないソロ演奏でも、場所との兼ね合いを考えるべきである。結婚式場で白い服を着たり、小学校で露出の多い服を着たりするなど、モラルの欠いた行ないは慎まなければならない。足を開いて演奏するので、スカートもなるべく履かない方が良いだろう。

○誤解を招かない服装

服装によって、こちらが意図しない効果を生むことがある。男性が濃いメイクをしていればビジュアル系のアーティストだと思われるし、女性がモヒカンで眉を全部剃っていればパンク系のアーティストだと思われるだろう。ウェーブがかった金髪のロングヘアに骸骨がプリントされたTシャツを着て「雅楽をやっています」と言ってもにわかに信じがたいし、実際に雅楽を演奏している姿を見ても違和感を覚えるだろう。
ただ、このギャップを広告には利用できる。「青い目をした侍」みたいに、異質のもの同士を組み合わせることでインパクトを与えるわけだ。これは意図した行為なので、誤解ではない。しかし、度が過ぎると前項の「統一感のある服装」に引っかかるので、加減は必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA