ドラムの演奏に活かせそうなスポーツ

Pocket

以前『ドラムとスポーツの関係と、「ドラム筋」について』という記事で「ドラムを叩くために必要な筋力は、ドラムを叩くことでしか得られない」という結論を書いた。これを書いたのは2年以上前だけれど、未だに揺らいでおらず、「スポーツをする時間があったらドラムを演奏したほうが良い」という考え方に変化はない。それを踏まえた上で、あえて「ドラムの演奏に活かせそうなスポーツは何か」を論じてみたい。

○剣道、ボクシングなどの格闘スポーツ

これは前述のブログでも書いた。「格闘スポーツの攻撃の瞬発力は、ドラムを叩く時に必要な瞬発力に似ているため、ドラムに活かせる」という説である。辞書曰く瞬発力とは「瞬間的に出すことのできる筋肉の力」ということだが、格闘スポーツとドラムでは使う筋肉が違うため、瞬発力を活かすことは難しい。ただし、瞬発力を使う過程で得た「脱力」は活かすことができる。脱力はどのスポーツでも重要なものだけれど、格闘スポーツの脱力は瞬発力を前提にしているため、適用しやすい。ドラムのために剣道をしている人は、ぜひ小太刀二刀流を会得していただきたい。そのうち残像を残しながら分身できるようになるかもしれない。

○フットボールやサッカーなど、足を中心に使うスポーツ

他の楽器にはあまり見られない、ドラムならではの特徴といえば「足を使うこと」である。立つ、歩く、走るといった動作は日常的に行なっているとはいえ、腕や手のような器用な動きをすることは滅多にない。その点、サッカーやフットボールは足の技術を要するスポーツである。格闘スポーツ同様、その技術がそのままドラムの演奏に活かすことはできないが、おざなりになりがちな足に意識を向ける訓練にはなる。

○体操やダンスなど、身体の柔軟性を要するスポーツ

前項の「足を使う」と少し重なるけれど、ドラムならでの特徴に「身体全体を使う」がある。両手両足の運動はもちろん、上体をひねったり、首を動かしたりすることも珍しくない。身体の硬さは演奏の幅を狭めるどころか怪我の原因にもなり得るため、体操などで柔軟性を得るのは無駄にはならないはずだ。また、ダンスの「音に合わせて運動する」という特徴は、ドラムの演奏にも当てはまる。シンクロナイズド・スイミングやフィギュア・スケートなども同様である。

○アーチェリーやライフルなどの射的スポーツ

一見何の繋がりもなさそうに思えるけれど、的を狙う集中力や引き金を引くタイミングはドラムに通じるところがある。たとえば、アーチェリーは矢を放った瞬間に当たるわけではない。的までの距離や風向き、矢の軌道などを見計らって狙うのだ。ドラムも同じで、狙ったタイミングで音を出すためには打面までの距離やスティックの軌道を理解していなければならない。ドラムの的は流動的なので、クレー射撃あたりが近似かもしれない。

以上。余談だが、櫻井の周りではフットボール好きのミュージシャンが非常に多く、フットボールをしながら交流を深めていた。顔を売ったりコネクションを作ったりするのにも、スポーツは有効かもしれない。ただ、試験前にフットボールをして腕を折ったギタリストもいたので、リスクは計算しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA