ドラムの演奏にグローブは必要か

Pocket

最近はあまり目にしないけれど、ハード・ロックやメタルを演奏するドラマーで手袋をしている人がいる。大手ドラム・メーカーもドラム専用のグローブを販売していることから、今もそれなりに需要があるのだろう。スティックが滑らないよう、滑り止め加工を施していたり、通気性を考えてメッシュ生地を使っていたりする。

グローブを使う最大のメリットは、叩いた際の振動を吸収し、手の負担を軽減してくれることである。前述したハード・ロックやメタルは音量と音数が多く求められるジャンルであるため、正しいフォームでも長時間演奏すれば怪我の恐れがある。逆を言えば、長時間演奏しなければ必要ない。30分程度のステージで手が痛くなる人は、グローブを買う前にフォームを見直した方が良い。

また、夏は汗をかき、冬は乾燥しがちであるし、「汗っかき」「乾燥肌」という、持って生まれた体質もある。グローブを着ければ、これら環境や体質の変化を受けにくくなる。1年を通して、安定したグリップを得られるわけだ。ただ、あまり依存するとグローブ無しでは安定しないドラマーになってしまうので、素手で叩く習慣もつけるべきだろう。

あとは見た目が格好良いと思う人もいるかもしれない。好きなドラマーがグローブを着けて演奏していれば、真似もしたくなるだろう。個人の自由である。しかし、その個人の自由を他人に押し付けるのはいただけない。端的に言えば、「グローブはダサい」と言っている人を攻撃してはならない、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA