チョコレート

Pocket

カカオを原料とする、世界的にポピュラーな菓子のひとつ。日本語では縮めて「チョコ」と呼ばれることが多い。また、日本語は「レー」の部分にアクセントがくるが、英語では「チョ」の部分にアクセントがくるし、最後の「ト」はほとんど発音しない。ちなみに、日本語読みの「チョコレート」は、5拍子(2-3) のリズム。更にちなむと、「バームクーヘン」は7拍子(3-4) のリズム。こういった些細な発見があると、たとえば「Aセクションを5拍子、Bセクションを7拍子にして『Chocolate Baumkuchen』なんて曲はどうか」といったアイディアが生まれる。調性もそれぞれの頭文字を取って、チョコレートはC調、バームクーヘンはB調、とか。Cドリアン→Bドリアンにすると、サビで半音下がる、ちょっと変わったモーダル曲になる。

話をチョコレートに戻そう。日本では、バレンタインに女性から男性へチョコレートを渡す風習がある。チョコレートを渡された男性が翌月、キャンディなどをお礼として渡す「ホワイトディ」というしきたりもある。海外にもバレンタインの習わしはあるけれど、男性からも女性へプレゼントするし、渡すものもチョコレートに限られていない上に、ホワイトディは存在しない。よく知られた話ではあるけれど、「バレンタインに女性から男性へチョコレートを渡す風習」というのは、日本の菓子メーカーが独自に考案した、いわば商売戦略である。

チョコレートだけでもいくつか種類があり、大きく分けると「チョコレート」「準チョコレート」「チョコレート菓子」「準チョコレート菓子」に分類される。チョコレートと準チョコレートの違いは、前者はカカオ分35%以上、あるいは、カカオ分21%以上+乳固形分=35%以上のチョコレート、後者はカカオ分15%以上、あるいは、カカオ分7%以上+乳固形分=12.5%以上のチョコレートを指す。菓子の総重量のうち、チョコレート、あるいは、準チョコレートを占める割合が60%未満になるとチョコレート菓子、準チョコレート菓子になる。平たく言えば、カカオ率の高低でチョコレート、準チョコレートの2つ分かれ、それを用いた加工食品がチョコレート菓子、準チョコレート菓子である。

あと、他にチョコレートの使い道と言えば、硫酸に対してチョコレートを使うと、酸と糖が化合し、純粋炭素と粘性残留物ができあがるため、固化する。デパートの遊歩道の中心部で、硫酸が溶け出した爆弾を見つけた時なんかに活用しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA