ジンジャーエール買って飲んだ こんな味だったっけな

Pocket

小学生のころ、母に連れられて飲み会に何度か参加したことがある。たぶん、仕事か何かの付き合いだったと思う。大人の話はちんぷんかんぷんだったし、騒いだら母が般若のごとく怒るため、おとなしく目の前のつまみを食べるしかなかった。

櫻井は人見知りで、知らない相手から話しかけられても口ごもってしまうのだけれど、ある時、「好きな飲み物をごちそうする」と話しかけられたことがある。無言で母を見つめると許可が下りたので、櫻井は意気揚々とビールを、と言いたいところだけれど、小学生なのでお酒は頼めない(そもそも、好きでなかった)。しかし、櫻井家では「食事中には甘いものを食べない」という暗黙のルールがあって、飲み物であっても例外はない。外食とはいえ、「食事中にコーラ」なんてことも許されないのである。つまり、「好きな飲み物を」と言われたところで櫻井にはお茶以外の選択肢しかなかったのだ。

ところが、メニューを見ると「お茶」なんて商品はどこにも書いていない。緑茶も紅茶も見つからなかった。よく探せばウーロン茶くらいはあったかもしれないけれど、当時の櫻井はウーロン茶よりも先に「ジンジャーエール」を見つけてしまったのである。ジンジャーエールと言えばアメリカの禁酒法時代にヒットしたシャンパンの模造品で、生姜を使った甘い炭酸飲料である。コーラと並ぶくらい著名な炭酸飲料だけど、何を思ったのか櫻井はこれを「ジャワティー(正確にはシンビーノ ジャワティー)」と勘違いしてしまったのである。見事に1文字しか合っていない。

店員が持ってきた琥珀色の炭酸水を見て櫻井は「これじゃない」と驚愕するが、頼んでしまった以上、飲むしかない。大変美味であったが、母親の視線が痛い。あとで怒られるんだろうなあ、と戦々恐々としていたが、勘違いだったということでお咎めなしになった。それからしばらくジンジャーエールは、櫻井にとって「母親を怒らせない魔法の飲み物」となった。たまに買って飲むけれど、コンビニやスーパーで売っているジンジャーエールは甘くて飲めたものではない。こんな味だったっけな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA