エクストリーム食生活

Pocket

櫻井が最もエクストリームな食生活を送っていたのは、高校を卒業して都内の大型家電量販店に勤めていたころだと思う。朝にたまごかけご飯、昼は食パン、夜はたまごかけご飯である。このメニューをおよそ3年間、毎日続けていた。たまごかけご飯といっても、ご飯全体にたまごをかけるわけではない。どんぶりの端っこでたまごかけご飯を作って、それをおかずに残りのご飯(白米)を食べていたのだ。カレーライスのカレールーのようなものである。

どうしてそんなメニューになったか。当時の櫻井は食べ盛りの10代男子、1食に米2合は食べないと空腹を満たせなかったのだ。しかし、米2合すべてをたまごかけご飯にするには卵が少なくとも3つは必要である。そうなると、1日に6つの卵を消費することになる。1週間で42個だ。食生活がずさんな櫻井も、さすがに「1週間に42個も卵を買うのはお金がもったいない」と考えた。そうして、「米2合に対し卵1つ」というバランスを編み出したのである。

「毎日たまごかけご飯なんて、身体に悪そう」と思うかもしれないが、そうでもない。卵は栄養価が高いし、ネギを入れているから野菜もしっかり摂取している。健康診断もすべてクリアで、一度だけ「血中脂質が基準値よりも低い」と言われたけれど、トッピングにチキンラーメンを加えることで改善した。体重も63キロと平均的である。食費も月に1万円でお釣りが返ってくるほどだ。洗いものも丼ぶり一杯だけ。何より、料理を作るのに余計な時間を割かないで済む。

昼の食パンについては、過去に「パン」という記事で触れているので割愛する(参考「パン」)。また、「絶対に痩せる方法」という記事に書いた留学中の食生活もそれなりにエクストリームだけれど、献立自体はまとも(朝夕ちゃんとしたパスタ)だったし、そもそも「食べない、は食生活に含まれるのか」という疑問が出てくるので、やはり高校卒業後がベスト(ワースト)といえる。

よく勘違いされるのだけれど、好きでこういう食生活を送っていたわけではない。好きなものが他にたくさんあって、それに比べると食生活には魅力がなかった、あるいは興味がなかった、というだけである。現在はとても良好な食生活を送っているが、それでも食事を忘れて本やギターに熱中することは多い。人間、嫌なことは我慢できても好きなことはやめられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA