パン

Pocket

麺、米と並ぶ3大主食炭水化物のひとつで、日本語にしづらい言葉ナンバーワン。「パン」というのはポルトガル語で、英語では「ブレッド(Bread) 」である。英語で「パンが食べたい(I’d like to eat a pan) 」と言うと、鋼鉄の胃袋の持ち主と思われるので注意しよう。日本では各家庭によって「パン派」「ごはん派」で熾烈な争いが繰り広げられている(主に朝方)。大抵、ごはん派の家の子供はパンが食べたいと言うし、パン派の家の子供はごはんが食べたいと言う。櫻井の家はパン派だったけど、「シリアルかラーメンが食べたい」と言って親を困らせていた。

社会人をやってた頃、昼食が食パンだけだったことがある。普通はジャムとかを塗るんだろうけど、ジャムを買うお金がもったいなくて、文字通り食パンだけを食べていた。食堂に置いてある漬物(無料)やしょう油(無料)も試したけれど、最終的にレンジでチン(無料)するのが一番美味しい、という結論に至った。その後、「食パンは意外とコストがかかる」ということに気が付いてやめたけれど、手軽に素早く食事を摂取できるので、留学してから昼食はずっと食パンを食べている。さすがに今は何か塗ったり、スープと一緒に食べている。

あんぱん、メロンパン、ジャムパンなどは「菓子パン」に分類される。小学校の給食で、「なんで甘いものと一緒におかず食べなあかんねん」という理由で嫌いだった「レーズンパン」も、「手がベタつくねん」という理由で嫌いだった「あげパン」も、食べていくうちにどんどん味が薄くなる「チョココロネ」も、食べると必ずお腹が痛くなる「クリームパン」も菓子パンの一種。決して恨みがあるわけではない。高校の頃は某つぶあんマーガリンのパンや、某北国チーズ蒸しケーキをよく食べていた某ドラマーT。

カレーパン、ホットドッグなどは「惣菜パン」または「調理パン」に分類される。「なんで炭水化物と一緒にパン食べなあかんねん」という理由で嫌われる「焼きそばパン」や「コロッケパン」が惣菜パンの一種。各種サンドイッチも惣菜パンと言えるだろう。いずれも菓子パンに比べると若干高価であるため、貧乏学生(某ドラマーT)は滅多に口にすることがない。

最近は「パンが作れる炊飯器」があるらしい。家でパンが作れるようになったので、今後の新婚生活は「ごはんにする? パンにする? それとも、わ・が・し? (はあと)」といった「どのみち食うのかよ!」という流れがスタンダードになるかもしれない。ないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA