エクストリーム睡眠生活

Pocket

前回の「エクストリーム食生活」に比べると大してエクストリームしていないけれど、櫻井が最も寝ないで過ごしていたのは、新聞配達をしながら専門学校へ通っていたころだ。夜の10時から朝の2時半という4時間半睡眠を2年間続けていた。週に1度は朝刊を休めるし、休刊日もあるので、毎日というわけではないが、はたから見ると非常に短い睡眠時間であるそうだ。初めの数ヶ月は昼に仮眠をとっていたけれど、「仮眠する時間がもったいない」と思い直してからは仮眠がなくても平気になった。タフになった、というより、どうにでもなるような仕事だった、というのが正しい。過去のブログでも何度か書いているし、朝日新聞の取材にもハッキリ答えていることだけれど、新聞配達ほど楽な仕事はなかった(参考「新聞社の取材)。

もともと櫻井は朝が弱いタイプで、1日に8時間は寝ないと満足に活動できなかった。それなのに夜遅くまでゲームをするものだから、小中学生のころは母が怒鳴ってもふとんから出られないような、典型的な夜型人間だったのだ。夏休みは毎夜ゲームと、深夜アニメとテレビショッピングを見るのに明け暮れ、陽が昇ってから眠る、という生活を繰り返していた。母が「あんたはいつかゲームで身を滅ぼす」と見切りをつけたほどだ。

今のような朝型人間に変わったのは高校に入学してからで、原因は2つある。1つは、ゲーム類をすべて手放していたこと。もう1つは、仕事を始めたことだ。朝6時のコンビニのアルバイトだったが、どうしてか「仕事は真面目にやらなければならない」という変な意識があって、そのせいで「絶対に寝坊できない」と自分で自分を戒めていたのだ。どうしてそんな意識を持ったのかは謎だけれど、たぶん、早く大人になりたかったのだろうな、と想像する。

新聞配達をしながら学校へ通うことを櫻井に決意させた友人は、1日に18時間勉強して夢を叶えた。櫻井が知っている中で最もエクストリームな睡眠生活を送っている友人は、1日に20時間働いていることもある。しかも、その友人曰く「自分はまだマシな方」というのだ。「1日が24時間以上になったら、もっと働かなきゃいけないじゃないか」という風な迷言まで残している。ただ不思議なことに、2人とも「休みたい」とは言うのだけれど、「寝たい」とは言わないのだ。考えてみればたしかに、今まで「寝たい」と思って寝たことはない気がする。睡眠は、欲求というより防衛なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA