イケメン

Pocket

主に「容姿が優れている様」という意味で用いますが、「性格イケメン」のように、内面について言及する場合に用いることもあります。櫻井は「イケているMEN」の略だと思っていて、「どうして単数形(MAN) じゃないのだろう」と疑問だったのですが、よくよく考えてみた結果、「MEN」ではなく「」なのでは、と気がつきました。つまり、女性に対しても使える表現のはずなのですが、なぜか男性に限定されることが多いです。やはり「メン」という語感が男性を連想させてしまうのではないでしょうか。

イケている、とは「活けている」という言葉から発したもので、「ただ生きているだけではなく、美しくある状態」というニュアンスが含まれます。華道などの「花を活ける行為」と同じで、一応それなりにセオリーらしきものはありますが、個人差が大きく、明確な定義付けはできません。つまるところ、「イケメンは芸術」と言えます。優れたものはお金になり、人の手によって創作されます。ゆえに、自然界にイケメンは存在しません。イケメンになるのも、イケメンだと思うのも、人間にしかできないのです。

どうすればイケメンは作れるのでしょうか。確実かつ一番手っ取り早いのは「自分はイケメンである、と自己評価する」です。人類すべてに「キモい」と言われようと、自分1人でも「俺はイケメン」と思うなら、イケメンは成立します。他人からの評価を得たいなら、まずは「他人」という漠然とした対象を、より具体的なものへ目標設定しましょう。あとは対象がイケメンだと感じるポイントを調査し、適用すれば良いのです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA