アイルランドのパブで歌われている音楽

Pocket

アイルランドでは日本のコンビニよろしく、あちこちでパブを目にする。パブなので大半は酒を飲んでいる人だけれど、家族連れもいるし、何も注文せずにくつろいでいる人もいる。大学の敷地内に複数のパブが設置されているほどだ。「屋根のある公園」と言ったところか。アイルランドにとって欠かせない文化の1つと言えるだろう。

パブでもう1つ欠かせないのが、音楽である。だいたいどこのパブにも、ミュージシャンが演奏できるステージやスペースが用意されている。また、アイルランドでよく演奏されている「アイルランド伝統音楽」は、アコースティック・ギターやバンジョー、フィドル(バイオリン)など、アンプを使わない小型の楽器を用いるため、座席が敷き詰められている小さなパブでも演奏できる。端の席にミュージシャンが集まって演奏している姿を見られるはずだ。

ステージではポピュラー音楽を演奏していることが多い。U2やヴァン・モリスンといったアイリッシュ・ミュージシャンの曲が歌われているかと思いきや、ビートルズやオアシス、コールドプレイといったブリティッシュ・バンドの曲がよく歌われている。ただ、ステージが狭いため、ドラム・セットが用いられることはほとんどない。あってもスネア+シンバル1枚だったり、小型のタムをバス・ドラムに模したりするくらいである。

他にも、「ダブリナーズ」というアイルランドのフォーク・バンドの曲が必ずと言っていいほど歌われる。アイリッシュ・バンドの古典と呼べる存在で、大半の曲が酒について歌っている。ごりごりのアイルランド訛りの英語を使っているため、語学学校で取り上げられることもしばしばある。代表曲をいくつか挙げておこう。アイルランド旅行前に覚えておけば、盛り上がること請け合いである。「覚えられるかな」と不安になる必要はない。みんなサビしか歌えないから安心して欲しい。

◯The Wild Rover

◯Molly Malone

◯In the Rare Old Times

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA