はじめての洋楽

Pocket

日本に住んでいる以上、日常的に聞く音楽は邦楽であることが多い。学校教育で歌う童謡や、テレビ、アニメの主題歌はほとんどが邦楽である。そのため、幼いころから邦楽しか聞いていない人が「洋楽嫌い」になってしまうことはよくある話である。その主たる原因は「歌詞が外国語で、何を言っているのかさっぱりわからない」というものらしい。邦楽にも全て英語詞の曲はあるし、「日本語なのに、何を言っているかさっぱりわからない」という曲も多いので、「日本語を除く、ネイティブの発音が受け入れられない」が正確かもしれない。

正直言うと、櫻井も洋楽が苦手な方だった。歌詞が苦手というより、曲が面白く感じられなかったのだ。例外は、母の影響で聞いていたカーペンターズと、本屋で立ち聞きしていたジャズくらいである。高校に入ってドラムを始めた当時、レッド・ツェッペリン好きの先生の影響でベスト・アルバムを借りたことがあったけれど、1曲目の「Communication Breakdown」の時点でもう受け入れられなかった。「上手くなるためには色んな曲を聞かなければ」と我慢して聞いていたけれど、結局、気に入ることはなかった。ベスト盤なのに知っている曲が1曲しか入っていなかった(「Immigrant Song」)ことにも驚いた。

その後、ロックを中心に様々なアーティストに手を出した結果、ようやく好きなアーティストを見つけることができた。そのアーティストの曲はどれもキャッチ―で、とにかく聞きやすかったのだ。オリジナル・アルバムが3枚しか出ていなかったことも取っ付きやすい理由の1つだったかもしれない。これがきっかけになったのか、それ以降は洋楽に対して抵抗がなくなった。不思議なものである。

洋楽に限らず、ある特定のジャンルが苦手という人もいるけれど、探せばそのジャンルを好きにさせるアーティストが見つかると思う。問題は、「なぜ探さなければならないのか」という点である。おそらく大半の人が「探してまで好きになりたくない」と考えるだろう。ごもっともな理由なので、何とも言えない。それで良いと思う。ただ、「探したくないから教えて」という人が最近は増えている気もする。「勉強したくないからノート取らせて」とほぼ同義だろう。微笑ましい限りである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA